EV向け超急速充電の概要と車両側から見たバッテリシステムへの要求

EVの充電規格・セルの冷却と昇温・発熱への対応・大型車向け急速充電


★ 超急速充電を実現するための、主として車両側の課題と対応について解説!


講師


中村 光雄 氏 (元 (株)SUBARU 技術研究所)


受講料


【1名の場合】27,000円(税込、テキスト費用を含む)
【2名の場合】37,800円(税込、テキスト費用を含む)
【3名以上の場合は一名につき、10,800円加算】(税込、テキスト費用を含む)

※ AndTechの講座では、同一部署に限り申込者のご紹介があれば、何名でもお1人10,800円で追加申し込みいただけます。(申込者は正規料金、お二人目以降は10,800円となります)。追加の際は、申し込まれる方が追加の方を取り纏いただくか、申込時期が異なる場合は紹介者のお名前を備考欄にお書きくださいますよう、お願いいたします。
 
※ AndTechの講座は、特別割引とポイント割引など、2種類以上の割引は、同時には適用されません。誤って、2種類以上の割引を同時にご利用された方には、後程、事務局より割引選択のための確認連絡をいたします。


対象


急速充電に関心のある技術者の方々


プログラム


【講演キーワード】
 電気自動車の普及に向け、航続距離の伸長、充電時間の短縮、車両価格の低減が求められている。これに伴い、車載バッテリの大容量化が進行しているが、充電時間とは相反する関係があり、安易な大容量化は商品性、利便性を損なう結果を招いてしまう。そこで検討されているのが、超急速充電である。
 本セミナーでは超急速充電を実現するための、主として車両側の課題と対応について解説する。

【プログラム】
1.背景
 1-1 BEVの開発動向
 1-2 BEV用LIBの開発動向

2.超急速充電の必要性
 2-1 車載バッテリの大容量化と超急速充電の必要性
 2-2 しかし・・・
 2-3 超急速充電への対応

3.急速充電規格
 3-1 現状規格
 3-2 充電プロファイル

4.次世代急速充電規格
 4-1 超急速充電規格
 4-2 バッテリシステムへの要求性能
 4-3 超急速充電プロファイルの確立
 4-4 セルの冷却と昇温
 4-5 発熱への対応

5. 今後の動向
 5-1 中国との共同開発
 5-2 大型車向け急速充電
 5-3 その他

【質疑応答 名刺交換】