生産工学概論第11回:サプライチェーンマネジメント(全国遠隔配信)

製造業に従事している社会人を対象に、経営工学を中心として事業プロセス全体の管理技術を15回に渡って解説する本講座、その第11回は「サプライチェーンマネジメント」で、お客様の注文に合わせて部材、製品を移動する、SCMの歴史、ERP、ブルウィップ効果、VMI、POS、事例などを解説します。

セミナー講師

 熊坂 治 :東京農工大学 客員教授 博士(工学)
       技術士(経営工学部門、総合技術監理部門)
       技術経営修士(専門職、MOT)

セミナー受講料

・支払いは講義前日までに銀行振込もしくはクレジットカードでお願いします。
・初回のみ8000円で受講後、67000円追加支払いで残り14回分を受講することもできます。
・各回単独の受講は各回の別ページからお申し込みいただくか、このセミナー申し込みフォームの通信欄に希望する回を指定してください。
・2人分料金をお支払いいただければ、人数無制限で企業の会議室のプロジェクター投射など1アカウントで受講していただけます。個別にお問い合わせ(seminars@monodukuri.com)下さい。

ものづくりイノベーター認定者は、当社主催セミナー受講料が割引となります。
 お申込時、備考欄にご自身のイノベーターランクを申告してください。

受講対象・レベル

この講義は、講師が10年間大学で継続してきた「ものづくり経営論」「技術経営論Ⅰ」の講義内容をベースとして、現在製造業に従事している社会人を対象にアレンジしたもので、技術系、生産系、管理系いずれの方にも基礎知識として有効ですが、全分野を扱っていることから、特に中小企業経営者や後継者に最適です。

セミナープログラム

[講義形態]
当社スタジオでの講義を、セミナーネット配信システム「eセミナー」で全世界へ同時配信。チャットや音声にて随時質問、議論が可能です。

講義内容スライド(各回30~50枚)およびレジュメを、講義前にpdfで配布します。
講義の最後に関連する課題を掲示し、メールで回答を提出すると添削して返却し、次回講評します。

[講義内容]
近年の製造業は単にものを作るにとどまらず、事業戦略、研究開発、事業企画から生産技術、製造技術など広範かつ統合的な経営活動です。作れば売れた高度成長期とは異なり、お客様を満足させるだけでなく感動を与える製品をタイムリーに届けるべく、事業全体を最適化して初めて企業は発展が可能となり、そのために継続的な努力が必要です。
本講義では、現代製造業のプロセスとその管理について広く学習します。特に最新の動向を重視し、工業経営革新のための実用的な手法と考え方を習得できるように工夫しています。
また講師が30年に渡って製造業に従事した経験も講義に取り込みます。

[受講証明]
 8割=12回以上の参加者には受講修了証を発行いたします。


[授業全体計画] 
 15回講義全体の日程、テーマ、内容については次のページをご覧ください。
 https://www.monodukuri.com/seminars/detail/4777


講師のプロフィール

ものづくり革新のナレッジを広く共有、活用する場を提供することで、製造業の課題を解決し、生産性を向上します。

熊坂 治

専門家専門家A くまさか おさむ / 山梨県 / 株式会社産業革新研究所

企業ごとに最適なナレッジを業務プロセスに適用し、生産性を向上させつつ技術者の自律実行を支援します。実行に必要なフレームワークを提供しますので、最小限の理解と労力で自主的に活用する事ができます。 日本技術士会山梨県支部長、品質工学会評...続きを読む