【前期10月 後期11月・東京開催】

PCを活用したデータ解析の演習で
多変量解析法による実践的な問題解決力を養う!


 多数の測定データを統計的に解析して因果関係を探る多変量解析法は、ビッグデータ時代に必要不可欠なツールとも言えます。
 当コースは、実践的な問題解決力の養成を重視した内容で、品質管理上の活用事例から、問題解決のプロセスに則して必要な理論や統計量の読み方・使い方を単回帰から重回帰分析とステップを踏んで習得していただけます。また、統計解析ソフト(JUSE-StatWorks)を用いた演習を実施することにより、データ解析手法を用いた問題解決プロセスを効率的に習得できます。


日時


【前期】
2020年10月5日 9:20~18:00
2020年10月6日 9:30~17:00
【後期】
2020年11月18日 9:30~18:00
2020年11月19日 9:30~17:00 【4日間コース】

※ 同じ内容で開催日が異なるセミナーがあります。
(このページのいちばん下でご案内しています)


講師


斯界の権威ある経験豊富な講師が指導にあたります。


参加費


91,000円(一般)/ 84,000円(会員)*税抜き

 参加者の所属企業が日科技連賛助会員の場合は、その旨を申し込みフォームの備考欄に記入してください。不明の場合は「会員不明、調査希望」と記入していただければ、当方で調査します。
 またこれを機会に入会を検討したい場合は、「入会検討のため資料希望」と記入してください。案内資料を送付し、セミナー正式受け付け以前にご入会いただくと、会員価格でご参加いただけます。


特徴


事前学習用の資料とテキストで予習することができるため、前提知識が不安な初心者の方でもご参加いただけます。
● やさしく基本的な多変量解析・実験計画を使用した、問題解決のための実践的な事例を紹介します。
演習により多変量解析法の基礎をしっかりと習得できます。
● 演習で使用するソフトの試供版を提供します。


対象


多変量解析法を基礎から習得したい方


カリキュラム


4日間コース(前期・後期各2日間)

前期 第1日 9:20~18:00
■午前
問題解決のためのQCストーリー
単回帰分析、相関分析、他
■午後
重回帰分析
演習1:JUSE-StatWorksの基本操作

第2日 9:30~17:00
■午前
重回帰分析(前日の続き)
数量化Ⅰ類
■午後
演習2:製品寿命予測と決定
多段層別分析

後期 第3日 9:30~17:00
■午前
宿題解説
グラフィカル表示
主成分分析と因子分析
■午後
主成分分析と因子分析(午前の続き)
クラスター分析
演習3:JUSE-StatWorksを用いた多変量解析
グループ演習:嗜好調査データの多変量解析

第4日 9:30~17:00
■午前
多変量解析手法の連携
グループ演習:嗜好調査データの多変量解析
 ■午後
グループ演習(続き):結果発表
講義のまとめと質疑応答


同じ内容のセミナー(2020年度)


第1回前期 2020年6月1日~2日
後期 2020年6月29日~30日
東京申込ページはこちら
第2回前期 2020年10月5日~6日
後期 2020年11月18日~19日
東京【このページのセミナー】

(既に受付を締め切った回もあります。ご了承ください)