実習で学ぶ!「問題解決の5原則シート」~なぜなぜ5回~のノウハウ!

モノ作りの生産方式や工程管理の手法を振り返り、トヨタ生産方式から学ぶモノ作りや<ナゼ?ナゼ?5回>の手法を実習し、現場の問題発生や問題流出の真因を追求し再発防止を推進します。

締切日:2022年11月15日(火)

セミナー趣旨

【参加のおすすめ】
SDGSの目標行動を理解しエネルギー・働き甲斐・経済成長に対応するモノ作りの現場・現物・現実は、初期流動品質、耐久品質、魅力的品質、顧客満足度、(・・・品質)追求と、問題が山積みではないでしょうか!

品質システムISO9001/TS16949の要求事項は、問題の原因追及・是正処置・予防処置をする機能的横断的チーム編成(CFT/APQP)による活動を求めていますが、人財の力量と改善技法に拠るところ“大”です。

【本セミナーで体得】
① トヨタ生産方式・問題解決は、なぜ?なぜ?と5回を繰り返し、問題の「真因」を追究し対策します。 
② 問題の「なぜ?なぜ?5回」「再発防止」対策:固有技術の確立は、「問題解決の5原則シート」に表現します。
③ 「問題解決の5原則シート」を用いた問題の「再発防止」の事例研究をグループを形成し実習します。

ワークショップを交えて、進行します。
◇◆こんなことでお困りではありませんか ◆◇
・市場クレーム! 大変だあ~! どうしよう~・・! 
・工場の中でも不具合・問題が、実は、多くて困る。 何でだろう~・・!
・その問題解決 『 再発防止 』 をどうするのか・・!
・品質管理システムを取得しても品質管理の不具合が、減らない・・!
・新製品の開発プロセスが複雑で生産準備時点の問題を引きずって 「不具合発生」!
・外部調達している材料や部品の中でも不具合・問題が、実は、多くて困っていた!
・『 再発防止 』 も出来ない! 『 未然防止 』 なんか!とても出来ない! 
・営業部門は、先の市場クレームの影響で大きな商談を取り逃がした!

異業種や職場が異なる人々を集めてグループ編成し、( 1チーム7名) 少数精鋭の人財育成セミナーです。
顧客や市場に流出した問題についてケーススタデイしながら<問題解決の5原則シート>を学び再発防止対策を実習します。

※ このセミナーは、WEB会議システム「Zoom」を使った、ライブ型オンラインセミナーです。
講師への質問もその場で可能な本格的研修です。
オンラインの開催ですので、あらゆる場所からご参加頂けます。

セミナープログラム

<テーマ> 1.問題解決が進まない現状を振り返る

  • 生産方式は、 なぜ? 生み出されたのか日本における生産方式の原点を再確認する
  • モノ造り・モノの流れ・生産準備に起こる問題を見える方法や進め方をトヨタ生産方式から再確認する
  • モノ造りに斑・無駄・無理が起こる問題を再確認する
  • 1個流しは工程設計・工程管理の問題を見える様にしてくれる

<テーマ> 2.問題解決の方法 ⇒ 進め方を学ぶ

  • (~なぜなぜ5回~)で 気づきの能力 を発揮する
  • 改善チームの編成 ⇒ 機能的横断チーム
  • 「再発防止」『未然防止』の捉え方
  • トヨタの個性は品質
    トヨタ生産方式におけるハインリッヒの法則
  • 物造りの流れ工程図 ⇒ 生産準備が物造り を
    再確認する ⇒ 物造りの仕組み を 構築する
  • 問題解決の5原則シートによる 問題解決(再発防止)

<テーマ> 3.実習によって事例研究し、悩む力を養う

実習形式:(機能的横断チームを編成する )

<5回のなぜ?>手法の実習

  • 真因の追求 ~なぜなぜを5回繰り返す~
  • 正しい なぜなぜ5回 の追求
  • 間違った なぜなぜ5回
    ( 陥りやすい間違った追求方法 )を学ぶ

< 問題解決の5原則シート > 再発防止 の 実習

  • 発生状況 (記入表現の重要性)
  • 事実の把握
    (履歴管理トレーサビリテイを整える)
  • 原因の究明 (現場を知るプロの表現)
  • なぜ?なぜ?5回分析 (表現力を整える)
  • 適切な対策と水平展開
    (発生の要因と流出の要因に区別する)
  • 対策効果の確認 (再発防止を示す)
  • 源流へのフィードバック(仕組み改善する)

セミナー講師

㈱T.M.A.シニアコンサルタント 柴田 繁男 氏

トヨタ生産方式の生みの親である元トヨタ自動車工業㈱副社長 大野耐一氏の薫陶を受けた㈱T.M.A.前代表取締役 菅原茂比古に従事し、トヨタ生産方式による現場管理手法並びにそれをサポートするPMを学び、現場改善のコンサルタントとして活躍中。

セミナー受講料

31,350円(税込)

  • お申込受付後に、ご請求書を発送致します。
  • セミナー参加方法については、お申込受付後、詳細を連絡致します。
  • オンラインセミナー参加条件
    インターネットに接続可能なパソコン、マイク、スピーカー、カメラが必要です。

関連記事

もっと見る