プラスチック開発の現場に合わせたぶっちゃけ話! 

※10/31UP 日程を変更し、WEBセミナーから会場開催に変更になりました。

セミナー趣旨

高分子科学の入門書には、添加剤の説明はほとんど書かれていません。しかし、現実のプラスチックには必ず添加剤が使われています。この講座では、すべての添加剤を紹介します。そして、その添加剤が機能を発揮する理由を高分子の特性と併せて説明します。人間もプラスチックも同様で、複数の薬を併用するときには、十分に注意しないと、適切な効果が得られません。このように使い方についても、説明します。

受講対象・レベル

実際にプラスチックを使っている人、特に、プラスチック製品の開発業務を行っている人を対象としています。プラスチックに関しては、初歩から説明します。物理化学に関しては、大学レベルの話になります。

習得できる知識

プラスチックに使われている添加剤全般の知識が得られる。
また、高分子との作用機構を理解することにより、適切な使い方が分かる。

セミナープログラム

1.一般に使われている高分子材料の特徴
 1.1 基礎物性の説明
  (1)構造、モルフォロジー
  (2)融解、結晶化
  (3)ガラス転移温度、緩和
 1.2 成形加工性とレオロジー特性
 1.3 劣化と耐久性
  (1)熱分解、光分解
  (2)加水分解、微生物分解
2.高分子に使われる添加剤の全体像
 2.1 酸化防止剤
 2.2 光安定剤
 2.3 PVC用添加剤(特に可塑剤)
 2.4 酸スキャベンジャー
 2.5 滑剤
 2.6 加工助剤
 2.7 アンチブロッキング剤
 2.8 スリップ剤
 2.9 アンチフォギング剤
 2.10 帯電防止剤
 2.11 抗菌剤
 2.12 難燃剤
 2.13 化学発泡剤
 2.14 架橋剤、分解剤
 2.15 色材
 2.16 蛍光白色剤
 2.17 フィラー強化材、カップリング剤
 2.18 造核剤
3.高分子と添加剤の物理と化学
 3.1 自由体積と可塑化、粘度
 3.2 溶解度と拡散、プリード
 3.3 分解、架橋、発泡
 3.4 発色と分散、内部ヘーズと外部ヘーズ
4.添加剤と添加剤の相互作用(拮抗作用)


プラスチック,ゴム,樹脂,添加剤,技術,オンライン,WEBセミナー

セミナー講師

山形大学 グリーンマテリアル成形加工研究センター 産学連携教授 小林 豊 氏

セミナー受講料

55,000円(税込、資料付)
■ セミナー主催者からの会員登録をしていただいた場合、1名で申込の場合49,500円、
  2名同時申込の場合計55,000円(2人目無料:1名あたり27,500円)で受講できます。
(セミナーのお申し込みと同時に会員登録をさせていただきますので、
   今回の受講料から会員価格を適用いたします。)
※ 会員登録とは
  ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
  すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。
  メールまたは郵送でのご案内となります。
  郵送での案内をご希望の方は、備考欄に【郵送案内希望】とご記入ください。


関連記事

もっと見る
  • 2分でわかるイオン交換樹脂の基礎

      地下水のようなイオンを含んだ水を陰イオン交換樹脂と陽イオン交換樹脂に通すと、水の中の両イオンは、イオン交換樹脂によって除去され、イオン...
  • 押出成形とは

      今回は、断面が一定の形をしたプラスチック成型品を連続的に成形する押出成形の概要を解説します。   1.押出成形とは &...