カーボンニュートラル実現のカギ握る水素エネルギー~世界の最新動向、日本の取り組み状況、ビジネス参入の狙い所~

カーボンニュートラル達成には、
水素エネルギーの利活用が不可欠!

水素を巡る世界の最新動向、日本の取り組み状況、ビジネス参入の狙い所などについて解説!!

セミナー講師

 西脇 文男 先生   武蔵野大学 客員教授

セミナー受講料

【オンラインセミナー(見逃し視聴なし)】:1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円

【オンラインセミナー(見逃し視聴あり)】:1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

*学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

受講について

※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

配布資料・講師への質問等について

  • 配布資料は、印刷物を郵送で送付致します。
    お申込の際はお受け取り可能な住所をご記入ください。
    お申込みは4営業日前までを推奨します。
    それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
    テキスト到着がセミナー後になる可能性がございます。
  • 当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
    (全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
  • 本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、
    無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

下記ご確認の上、お申込み下さい

  • PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
  • ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
    各ご利用ツール別の動作確認の上、お申し込み下さい。
  • 開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。

Zoomを使用したオンラインセミナーとなります

  • ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
    お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
    確認はこちら
    ※Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
  • Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です。
    ※一部のブラウザは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります。
     必ずテストサイトからチェック下さい。
     対応ブラウザーについて(公式) ;
     「コンピューターのオーディオに参加」に対応してないものは音声が聞こえません。

申込み時に(見逃し視聴有り)を選択された方は、見逃し視聴が可能です

  • 開催5営業日以内に録画動画の配信を行います(一部、編集加工します)。
  • 視聴可能期間は配信開始から1週間です。
    セミナーを復習したい方、当日の受講が難しい方、期間内であれば動画を何度も視聴できます。
    尚、閲覧用のURLはメールにてご連絡致します。
    ※万一、見逃し視聴の提供ができなくなった場合、
    (見逃し視聴有り)の方の受講料は(見逃し視聴無し)の受講料に準じますので、ご了承下さい。
    こちらから問題なく視聴できるかご確認下さい(テスト視聴動画へ)パスワード「123456」

セミナー趣旨

 カーボンニュートラル達成には水素エネルギーの利活用が不可欠との認識が広がり、本格的な社会実装に向けて世界は大きく動き出しました。
 水素は、EVでは力不足な大型・重量車両や船舶、航空機等に、また火力発電や鉄鋼、化学工業の脱炭素化に、化石資源に代る原・燃料として利用できます。更に、水素には化石燃料の代替という以外に「エネルギーキャリア」という、将来のエネルギー社会の中核となる機能も期待されています。
 本講演では、水素を巡る世界の最新動向、日本の取り組み状況、水素関連市場のキープレーヤー、ビジネス参入の狙い所などについて解説します。

受講対象・レベル

・ 水素関連ビジネスに携わっている方
・ 水素関連ビジネス参入を検討中の方
・ 水素エネルギーの研究者、アナリスト

必要な予備知識

・日本の国家戦略「水素エネルギー」で飛躍するビジネス(西脇文男著・東洋経済新報社・2018/7)

セミナープログラム

1. FCV市場
(1)大型・重量車両はFCVが主役に
(2)FCV普及に向けた各国の戦略 (米国、欧州、中国、韓国および日本)
2. FCV以外にも広がる水素燃料
(1)フォークリフト
(2)鉄道車両
(3)船舶、航空機
3. 発電への水素利用
(1)定置式燃料電池
(2)水素発電、アンモニア発電
4. 産業部門の脱炭素化
(1)鉄鋼業・・・水素還元製鉄
(2)化学工業・・水素とリサイクルCO2から化学原料を合成
5. 水素の主な製造方法と特色、課題、コスト比較
(1)コスト低下が進むグリーン水素(再エネ電解水素)
(2)世界の大規模グリーン水素プロジェクト
(3)実証・研究開発段階の技術
   ― バイオマス由来水素、水の熱分解、人工光合成(光触媒)
6. 水素の輸送・貯蔵
7. エネルギーキャリアの機能と期待される役割

(1)再エネ導入拡大の鍵握るP2G(Power to Gas)
(2)海外の低コスト水素を輸入するサプライチェーン


■講演中のキーワード:
 FCV戦略、FC関連部材の主要メーカー、アンモニア発電、e-fuel、グリーン水素プロジェクト、P2G、
   エネルギーキャリア