マネージャーの為のロジカルな対話術

〜論理的思考と協創な対話による業務改善・マネジメント力向上〜


★部下やメンバーとの対話を?なあなあ調”や?問い詰め調”で終わらせていませんか?
★ビジネスにおける、ロジカルかつ明快に相手と協創力を育む対話のポイントを伝授!


講師


日沖コンサルティング事務所 代表 日沖 健 先生


受講料


1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
*1社2名以上同時申込の場合 、1名につき35,640円
*学校法人割引 ;学生、教員のご参加は受講料50%割引。


セミナーポイント


■はじめに
 マネジャーの仕事は部下など関係者との対話によって進みます。対話では相手に接する姿勢・マインドが強調されますが、それ以上に大切なのがロジカルなスキルで対話を深めることです。本セミナーでは、対話を深めるための技法をロールプレイングなどを交えて実践的に学びます。

■ご講演中のキーワード:
ローコンテキスト化、演繹法・帰納法、イシュー、オープンクエスチョン、クローズクエスチョン、MECE、協創

■受講対象者:
・新商品開発プロジェクトなどメンバーと協力して業務を進める機会が多い方。
・部下との対話を深めたいマネジャー層の方

■必要な予備知識:
・この分野に興味ある方なら、特に必要はない。

■本セミナーで習得できること:
・対話を深め、合意形成するスキル
・相手から意見・アイデアを引き出すスキル
・マネジャーとして部下と接するマインド


セミナー内容


1.はじめに―セミナーのねらい・進め方

2.マネジャーを取り巻く環境変化とロジカルな対話
 1)マネジメントと「決める」ことと「導く」こと
 2)職場を巡る3つの環境変化
  A)情報の洪水
  B)問題の複雑化
  C)若手の仕事観の変化とローコンテキスト化
 3)指示・命令から対話へ
 4)ロジカルな対話がカギ、ただし感情にも配慮する

3.ロジカルな対話の技法
 1)対話の場づくり
 2)適切な質問でイシューを明確化する/部下の悩み・本音を引き出す 
  <演習>
 3)前提条件を確認し、すれ違いをなくす
 4)主張と論拠を明確化する
 5)質問を使い分け、掘り下げた分析をする
 6)反証可能性を確認し、水掛け論を防ぐ
 7)MECEを意識して論点を整理する  
  <演習>
 8)合意を形成する
 9)対話のプロセスを振り返る

4.おわりに
 1)まとめ
 2)今後に向けて