初心者向けセミナーです 現場で直面する課題を1日で学べる経済性工学実践セミナー【LIVE配信】

感度分析可能なExcel ROIシミュレータで
よくある事例を演習します!

※本セミナーはZoomを使ったLIVE配信セミナーです。会場での参加はございません。 お申込者限定で視聴できるアーカイブ配信も予定しております(1/25~31の期間内)

セミナー講師

ぷろえんじにあ 代表 粕谷 茂 氏
技術士(機械部門,総合技術監理部門)

<略歴>
・ソニー株式会社にて、ウォークマン、TV&VTR、産業用ロボットの開発、半導体生産システムの開発
・富士ゼロックス株式会社にて、プリンタ生産システム開発、人材開発戦略、教育講座企画、TRIZの普及活動
・ぷろえんじにあを設立し、技術及び人財開発支援、大学講師、NEDO・ものづくり補助金・高度化事業評価委員
<その他役職>
山口大学 高度ものづくり特論 講師
神奈川県 開発アドバイザー(水素・燃料電池)
神奈川産業振興センターアドバイザー
韓日技術協力財団 技術アドバイザー
<主な著書等>
・SEのスピード発想術(技術評論社)
・図解これで使えるTRIZ/USIT(JMAM) 
・プロエンジニア -コンピテンシー 構築の極意-(テクノ)
・日刊工業新聞、ものづくりドットコム等の記事

セミナー受講料

55,000円(税込、資料付)
■ セミナー主催者からの会員登録をしていただいた場合、1名で申込の場合49,500円、
  2名同時申込の場合計55,000円(2人目無料:1名あたり27,500円)で受講できます。
(セミナーのお申し込みと同時に会員登録をさせていただきますので、
   今回の受講料から会員価格を適用いたします。)
※ 会員登録とは
  ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
  すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。
  メールまたは郵送でのご案内となります。
  郵送での案内をご希望の方は、備考欄に【郵送案内希望】とご記入ください。

受講について

【配布資料】

  • 事前にPDFでお送りいたします。(演習ファイルはExcel)
    無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

【Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順】

  1. Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントをダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
  2. セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。
  3. 開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加ください。

セミナー趣旨

経済性工学とは、利益の最大化、費用の最小化を目的として、将来に向け経済的に有利な意思決定をするための損得計算のことです。
利益に結びついた解決策は、意思決定の原理原則、代替案との差異に注力することです。いままでのセミナーと何処が違うのか?ポイントは次の通り。
 1. 技術者が設備投資効果を正しく把握して利益に直結させるツールとしたこと。
 2. ExcelのROIシミュレータ演習で、実践力を養えること。
 3. 投資効果だけでなく、会計の間違いやすいポイントをチェックできること。

受講対象・レベル

  • 研究・技術・生産技術部門などのチームリーダーおよび担当者

必要な予備知識

  • 事前に「経済性工学の基本.pdf」を配布し、熟読していただきます。
  • ノートPC によるExcel演習を行います。

習得できる知識

<過去ご受講いただいた方からの声>

  • 意思決定の優先順位の勘違いに気づきました。
  • 感度分析の重要性を納得できました。
  • 埋没原価、機会原価等の重要性を理解できました。
  • 利益に直結する会計の原理原則も学べました。

セミナープログラム

  1. はじめに(研修の狙い)
  2. 技術者が外せないコストマネジメント
    1. コストとは(B/L、P/L からの視点)
    2. 財務3表の概要を知っておこう
    3. 会計の本質
    4. 製造原価とは
    5. 生産性とは
    6. 損益分岐点とは
    7. プロダクトミックス
    8. 手余りと手不足問題
      <演習1>
  3.  経済性工学の基本と現場のよくある例題
    1. 損得計算の意味
    2. 現価、年価、終価とは
    3. 経済性工学の原理原則
    4. 正味現在価値法 NPV
    5. 内部収益率法 IRR
    6. 投資回収期間法
    7. 投資効果測定法の特徴
    8. フリーキャッシュフローによるDCF法
    9. 設備の取替問題と財務会計上の損失
  1. 現場のよくあるテーマのケーススタディ
    1. 独立案、排反案、混合案の投資効果 <演習2>
    2. 内外製と遊休設備投資効果分析 <演習3>
    3. 間違いやすい事例 <演習4>
  2. まとめ

スケジュール
10:00~11:00 講義1
  休憩(10分)
11:10~12:00 講義2
  昼食休憩(45分)
13:45~13:50 講義3
  休憩(10分)
14:00~14:50 講義4
  休憩(10分)
15:00~15:50 講義5
15:50~16:00 質疑応答

講義の進行状況により多少前後する場合がございます。
講義中はいつでもチャットに質問をご入力いただけます。

キーワード:経済性工学,コスト,マネジメント,原価,損得,計算,投資,効果,Excel,研修,セミナー


講師のプロフィール

「感動製品=TRIZ*潜在ニーズ*想い」実現のため差別化技術、自律人財を創出。 特に神奈川県中小企業には、企業の未病改善(KIP)活用で4回無料コンサルを実施中。

粕谷 茂

専門家専門家A かすや しげる / 神奈川県 / ぷろえんじにあ

【自分史&想い】埼玉県川越生れ、神奈川在住、質実剛健の風土育ち。子供の頃の夢は自動車の開発でしたが、オイルショックで方向転換し、井深大氏最後のプロジェクトに参画できました。感動製品開発のソニースピリッツは直伝。先輩のノウハウをベンチマ...続きを読む