アジア各国の個人データ保護法とデータ移転

要求レベルの高いアジア各国の個人データ保護法制を学びます

セミナー講師

AsiaWise 法律事務所  弁護士 渡邊 満久 氏

セミナー受講料

会員:35,200円(本体 32,000円)/一般:38,500円(本体 35,000円)
※会員価格適用については、企業研究会会員が対象となります。
(所属先の会員登録有無がわからない場合、
お申込みの際に備考欄へ「会員登録確認希望」とご記入ください。)
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

セミナー趣旨

 GDPRが施行されて以降、個人データ保護の法制に対する関心が高まりましたが、アジア諸国においても、要求レベルが高い個人データ保護法制が敷かれていることは、まだそれ程知られていません。
 加えて、アジア各国の個人データ保護法制にも個人データの越境移転規制が含まれていたり、データローカライゼーション規制が含まれているために、各国間で自由にデータを流通させることが簡単ではないことが多くなっています。

受講対象・レベル

法務部門、情報システム部門、海外事業部門など関連部門のご担当者

セミナープログラム

1.  はじめに
2.個人データの取得・取扱いに対する同意
3.個人データの越境移転とデータローカライゼーション
4.各国の個人データ保護法
 ① シンガポール - 個人情報保護法
 ② フィリピン - データプライバシー法
 ③ 台湾 - 個人資料保護法
 ④ マレーシア - 個人情報保護法
 ⑤ 韓国 - 個人情報保護法
 ⑥ タイ - 個人情報保護法
 ⑦ インド - 個人情報保護法(審議中)
 ⑧ インドネシア - 電子システムにおける個人情報保護に関する規則
 ⑨ 中国 - サイバーセキュリティ法
 ⑩ ベトナム - サイバーセキュリティ法

5.おわりに
※当日は、最新動向や最新情報を盛り込むため、内容を一部変更することがございます。