太陽電池モジュールの最新動向と自動車搭載・野外における評価・要求特性と課題

結晶シリコンではない
薄膜系太陽電池の性能向上も着実に進み、
多用途展開が今後期待されている!


★「電気自動車」への太陽電池の搭載とは?太陽光発電の最新動向と車載型PVを普及させるためのキーポイントについて解説!

セミナー講師

立命館大学 理工学部電気電子工学科 博士(工学) 教授 峯元 高志 氏

セミナー受講料

33,000円(税込、テキスト費用を含む)

セミナー趣旨

 全世界の太陽光発電システムの導入量は2018年に0.5テラワットを超えた。太陽電池の主流は結晶シリコンであり、住宅屋根やビル屋上、さらにメガソーラーといった発電所用に普及している。太陽電池の低コスト化が進み、結晶シリコンではない薄膜系太陽電池の性能向上も着実に進み、上記用途以外の多用途展開が今後期待されている。その代表格が電気自動車への太陽電池の搭載である。本講演では、太陽光発電の最新動向と車載型PVを普及させるためのキーポイントについて解説する。

セミナープログラム

1.太陽光発電の最新動向
 1-1 PVの導入量推移
 1-2 PVのコストとポテンシャル
 1-3 新たな用途への展開(移動体、ZEB/ZEH、低耐荷重屋根、農地、水上等)

2. 自動車へのPV搭載のキーポイント
 2-1 太陽電池の種類
 2-2 要求仕様
 2-3 走行可能距離の試算と利用者比率
 2-4 国内・海外の動向
 2-5 車載に向けたPV技術の開発
 2-6 太陽電池モジュールと屋外環境
3.まとめ