※いずれも質問投稿には会員登録が必要です
個人情報(個人名やメールアドレスなど)が公開されることはありません。


QUESTION 質問No.199

特注品・受注生産に適した生産方式はありませんか?

生産 生産マネジメント | 投稿日時:
家具の製造工場で、従業員100名程度です。
ほぼ全てが特注品、受注生産です。

工場ではトヨタ生産方式を推進しようとしていますが、
特注品ばかり流れる特性上、かんばん方式をほとんど採用できていません。

また、生産ラインは平準化をすすめており、日々一定数量の生産を
維持していますが、出荷量は増減が激しいため大量の製品在庫を
持って対応しています。
家具という特性上、引越しや新築工事の都合で納品日が大幅に遅れることも
多く、製品ひとつひとつが大きいこともあって、工場内が在庫で埋め尽くされ、
作業性も落ちています。

・トヨタ生産方式自体が、この工場には適していないと思うのですが、
 どうでしょうか?

・出荷量を平準化できない状況で、生産量を平準化するのは誤りでしょうか?

・その他、何か参考になる手法、考え方などありましたらお願いします。




ANSWER
回答No1 | 投稿日時:

在庫管理などの業務改善をおこなっております、ハリーコンサルティング事務所の松村です。


・トヨタ生産方式自体が、この工場には適していないと思うのですが、
 どうでしょうか?
→ 5Sや目で見る管理、カンバン、水すましなどが出来ます。

・出荷量を平準化できない状況で、生産量を平準化するのは誤りでしょうか?
→ 平準化するためには結果としてバッファー(中間在庫)をもつ必要があります。
  ただし、大量の在庫を持つことよりも、いかにして生産量の変動(波)を
  小さくしていくか、を考えることです。

・その他、何か参考になる手法、考え方などありましたらお願いします。


フィリピンの家具工場の在庫管理・スケジューリングの改善を指導した経験があります。
従業員数が1000人超で、こちらの製品はすべて日本向けに輸出されておりました。

家具製造工場の工程は、①原材料(木材)→②木材プレカット→③適切寸法へカット・穴あけ→④磨き→⑤組立て→⑥アクセサリー組付け→⑦塗装→⑧検査→⑨出荷 という流れかと思われます。

在庫管理の視点から、①では発注点方式のカンバン、②ではプレカット材置場での発注点方式カンバン、②から③の間にバッファー置場を設け大きなホワイトボードを天井に吊り下げてのアンドン方式による目で見る管理方式、⑦の塗装工程内でのカンバンなどへ改善しました。

この工場でも基本は受注生産で個別の対応をしており、それぞれの仕様は異なりました。

現場の状況がわかりませんが、プレカット工程後にバッファー置場を設けてのカンバン(上記では②から③の間)からスタートしてみてはいかがでしょうか。上流工程での作りすぎが徐々に改善されます。

また、スケジューリング手法の見直しもあわせて効果的と考えられます。

ご参考になりましたら幸いです。




ANSWER
回答No2 | 投稿日時:

生産管理見直しを専門としています本間です。

質問を読ませていただく限りでは、御社の生産は一筋縄ではいかない難しさがあるように推測します。トヨタ生産がうまく適用できないのは、トヨタの方が御社よりも生産計画の策定が簡単だからです。

問題は、どういった生産計画を作るか以前に御社の家具ビジネスの在り方にさかのぼって検討する必要があります。それなしで付け焼刃に改善活動しても、もぐらたたき状態に陥るだけになる可能性が大です。

残念ながら参考になる手法というのはありません。参考になる事例というのはありえますが、それも貴社のビジネス現状を診断してからでないと紹介は難しいと思います。それだけ御社の生産管理は難しいということです。

本件はコンサルタントによる診断提言が必要と思います。初回訪問は無償対応できますので、お困りであればご連絡ください。

なお、少し気になったのは受注生産ということですが、御社への直接の注文主は誰でしょうか?消費者への販売自体も注文販売になっているのでしょうか?




ANSWER
回答No3 | 投稿日時:

受注生産や特注品を生産されているということでは、結構苦労されているのではないかと存じます。
まず、前出の方も仰られていますが、ヒヤリングをさせていただいてからでないとご回答が難しいです。
したがって、一般的な説明になります。

トヨタ生産方式が合わないのではとありますが、かたちだけを真似ようとするのであれば当然合わないでしょう。
大切なことは、ものづくりの情報をどのように整備していくかではないでしょうか。

生産の平準化に重点を置こうと考えているのであれば、受注システムでのオーダースクリーンがかけられないかを検討することです。
顧客から受注し、納入までの期間対して、生産リードタイムがどの程度の期間になるのかによって、在庫として持つべき材料や品目を検討しなければなりません。
どのタイミングで生産活動でのスケジュールの変更を進めていくのか。
また、顧客からの受注後の納期変更への対応なども考慮しなければなりません。

特注品が多いと記載されていますが、特注品の部材と受注生産品の部材を比較して、全てが異なるのでしょうか。
その程度の問題があるのではないでしょうか。
つまり、部品の標準化・共通化を進めることができないかということです。

そして、その前に生産管理のための情報を整備しておくことです。
1.各部品(品目)に関する情報
2.部品構成情報(一般に言われるM/BOMです。)
3.工程手順(工順)情報
4.生産計画情報
場合によると計画部品表を活用することも視野に入れておくとよいと思います。

このほかにも、
1.各部品(品目)について、工程別の工数情報
2.各部品(品目)について、工程別の発生する不良率
3.各部品(品目)について、材料の歩留まり率
この中で工数情報は、納期管理及び生産の平準化のために必要不可欠の情報になります。
特注品の部材の工数をどのように設定するかを考える必要なあります。
また、この工数情報の設定のしかたは、生産効率に影響を与えますし、作業スケジュールの安定化を図るものになります。

以上、簡単ですが、お役に立てれば幸いです。




< 1 2