設備メンテナンスについて

 
  
TPM
 
 今回は、プレス、産業用ロボットが稼働している現場を想定して、設備メンテナンスへの取組み方について解説します。
 
 まずは、設備に関する現状把握です。プレス、ロボットに関連するメンテナンス、保全にどのような手順書があり、従事されている従業員、外部に委託している保全作業は何かといった観点で確認することです。
 

設備メンテナンスのチェックポイント


  1. メンテナンスをしなければならない設備の特定
  2. 1.で特定した設備に対する交換部品の入手性
  3. 機械、設備及び施設の保全に必要な経営資源(作業員、治工具等)
  4. 客先からの設備に対する要求事項(生産能力への対応力)
  5. 保全目標を設定しているか(OEE:総合設備効率、MTBF:平均故障間隔等、予防保全の順守指標、これらの指標を部門長、工場責任者が監視できているか)
  6. 予防保全、予知保全等必要な保全方法が使われているか
  7. 定期的なオーバーホールが計画され実施され、改善されているか
 
 設備メンテナンスは予算管理も重要です。現場の保全、メンテナンスの現状を予算面で確認してください。その上て適切な管理、メンテナンスを計画を立案する過程で各設備に対するメンテナンスの方法が決まると考えます。すでに計画がある場合は、その通り有効に実施されているかを確認して下さい。
 
 設備メンテナンスは、生産ラインの効率に直接影響します。メンテナンスの現状、課題、目標達成度が分析できれば更なる改善に繋がります。
 

この記事の著者

鯨井 武

自動車産業品質マネジメントシステムに係る実務、品質・信頼性技法の経験が豊富。また、米国建設機械メーカーよりシックスシグマのブラックベルト認定。 社内品質、生産性向上活動支援。

自動車産業品質マネジメントシステムに係る実務、品質・信頼性技法の経験が豊富。また、米国建設機械メーカーよりシックスシグマのブラックベルト認定。 社内品質、...

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「TPM・設備保守」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「鯨井 武」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。