「セル生産」とは

セル生産とは、ベルトコンベアなどのライン生産とは異なり、一人もしくは少人数で製品を組み立てる生産方式です。 変種変量生産に柔軟に対応できる、モチベーションが上がるといったメリットの反面、多能工/万能工を前提とするために、習熟に時間がかかるというデメリットがあります。 比較的小型で部品点数も少ない電機製品、精密機械に適しているといわれます。 細胞の中心に「核」があるように、人間中心に装置、治具類が配置されている様子から「セル(細胞)」生産と呼ばれます。


「セル生産」のキーワード解説記事

もっと見る
生産の柔軟性による小ロット高効率を追求するセル生産

 セル生産とは、変種変量時代を勝ち抜くための経営戦略やビジネスモデルと一体不可分な生産方式で、一人ないしは数人の作業者、又は、その複合的組み合わせで製品を造り…

 セル生産とは、変種変量時代を勝ち抜くための経営戦略やビジネスモデルと一体不可分な生産方式で、一人ないしは数人の作業者、又は、その複合的組み合わせで製品を造り…


セル生産の必須事項、作業レイアウトの徹底した工夫改善

 セル生産とは、変種変量時代を勝ち抜くための経営戦略やビジネスモデルと一体不可分な生産方式で、一人ないしは数人の作業者、又は、その組み合わせで製品を造り上げる…

 セル生産とは、変種変量時代を勝ち抜くための経営戦略やビジネスモデルと一体不可分な生産方式で、一人ないしは数人の作業者、又は、その組み合わせで製品を造り上げる…


セル生産の特長、変種変量時代に製品を造り上げる自己完結性の高い生産方式

 変種変量生産に対応するためには、必要なときに必要なものだけをタイミング良く生産する仕組みが必要です。しかもこれには、価格競争力が必須となります。セル生産とは…

 変種変量生産に対応するためには、必要なときに必要なものだけをタイミング良く生産する仕組みが必要です。しかもこれには、価格競争力が必須となります。セル生産とは…