「ワイブル解析」とは

複雑なシステムは構成される最も弱い部分から故障するというモデルのもとに、物体の故障を時系列的に記述するための確率分布がワイブル分布で、この分布を利用してシステムの故障状態を調べる方法です。 システムの故障は、使用開始直後の「初期故障期」、それが終了した後安定する「偶発故障期」、各部の寿命が近づいた「摩耗故障期」に分けられ、いずれの故障率もワイブル関数で示すことが可能です。 またいくつかの不良品が発生した段階で、ワイブル関数に当てはめることで、一定時間後の故障率が予想できます。