ホーム > 技法解説 > 信頼性工学 > ワイブル解析

ワイブル解析 とは

複雑なシステムは構成される最も弱い部分から故障するというモデルのもとに、物体の故障を時系列的に記述するための確率分布がワイブル分布で、この分布を利用してシステムの故障状態を調べる方法です。 システムの故障は、使用開始直後の「初期故障期」、それが終了した後安定する「偶発故障期」、各部の寿命が近づいた「摩耗故障期」に分けられ、いずれの故障率もワイブル関数で示すことが可能です。 またいくつかの不良品が発生した段階で、ワイブル関数に当てはめることで、一定時間後の故障率が予想できます。

ワイブル解析のセミナー

超入門 信頼性加速試験の進め方と国際標準(IEC62506)の概要
開催日 (登録日:2018-1-4 / 開催日:2018-4-4)
説明  新製品開発の短縮に信頼性加速試験は欠かせない手法である。「加速試験の活用」は魅力的なフレーズだが、加速試験の基本を踏まえない運用では効率的な開発は望めない。信頼性の作り込みには…
信頼性確保に向けた設計・評価の基礎と加速試験の効率的な進め方
開催日 (登録日:2017-12-21 / 開催日:2018-2-14)
説明 ~ 加速試験を上手に活用して効率的に信頼性を確保するために ~ ★ 信頼性・安全の基本と加速試験の考え方を基本的なモデルとデータ解析方法を交えて分かり易く解説 講師 …



ワイブル解析の解説記事一覧

解説記事はまだありません。

ワイブル解析の活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


ワイブル解析の専門家

氏名 会社名
村島 繁延 村島技術士事務所 QCDはバランスさせるものではなく、全て両立させ…
遠山 純夫 遠山コンサルオフィス ものづくり企業の経営・技術課題をワンストップで解…
高畑 明敏 高畑技術士事務所 難しい問題を、易しい問題に置き換えて、短期間で解…
森本 幹夫 品質保証コンサルティング 「製品品質95%を決める設計で成果を上げる実践的…

ワイブル解析で解決できる課題

10件中 110件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 設計・開発 信頼性評価の時間、費用を低減したい
1 設計・開発 技術完成度を早く的確に評価したい
1 設計・開発 採取済みのデータから有意な要因を判別したい
1 設計・開発 外部組織への依頼仕様を明確にしたい
1 生産 開発した技術特性を安定化したい
1 生産 不良発生を未然防止したい
1 生産 設備可働率を上げたい
1 生産 安全性の高い生産現場を実現したい
1 市場品質 不良品の市場流出を防止したい
1 市場品質 市場クレームを未然防止したい






オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
≫広告掲載をご希望の方はこちら