ホーム > 技法解説 > デジタル工学 > 3D-CAD

3D-CAD とは

CAD(Computer Aided Design)は、当初1980年代から2次元の手書き図面をデジタルデータに置き換えて再利用することを目的に普及し、今ではほとんどの設計でCADが使われています。 機械用、電気用、建設用、土木用などがあります。 さらに1990年代から2000年代にかけて、3次元化が進んだことで、単に製図のデジタル化に留まらず、組合せや意匠の評価などの確認、評価が可能になり、業務によっては設計効率が大幅に向上しました。

3D-CADのセミナー

機械設計の企画書/設計書/構想設計の書き方・使い方
開催日 (登録日:2017-12-12 / 開催日:2018-5-25)
説明 圧倒的な速さを実現する新構想設計力養成! ★ 3次元CADで構想設計を行い,実際の設計ができるようになり,実務の全体が把握できるようになる。 講師 國井技術士設計事務所 所…

3D-CADの解説記事一覧

3D-CADの活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


3D-CADの専門家

氏名 会社名
日名地 輝彦 株式会社応用技術研究所 豊かな社会のために基礎技術を組み合わせ、新しい付…
西本 明弘 プロセス設計塾 設計プロセス設計コンサルタント。複雑な業務プロセ…
片桐 朝彦 株式会社アイデア 従来品の20%アップを目指すなら、今までのやり方…
デヴォア アレキサンダー 株式会社3D Printing Corporation 3Dプリント技術のオールマイティ。装置、材料、応…

3D-CADで解決できる課題

7件中 17件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 設計・開発 開発期間を短縮したい
3 設計・開発 過去の情報を有効に活用したい
1 企画 製品企画を関係部門で確実に共有したい
1 設計・開発 目標レベルの高い技術を実現したい
1 設計・開発 設計条件の最適化を効率化したい
1 設計・開発 開発日程の停滞、後戻りを防止したい
1 生産 製品規格、工程内検査の規格を合理的に決定したい






MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
≫広告掲載をご希望の方はこちら