「原子力・放射線技術」とは

原子力・放射線関連の技術は資源の乏しい日本では重要であり、原子力・放射線を応用することで資源やエネルギー問題を解決することができます。 放射線は医療関係にも広く利用され、中性子とほう素との反応を利用して、正常細胞にあまり損傷を与えず、腫瘍細胞のみを選択的に破壊するBNCT(中性子補足療法)や、放射線の三次元線量分布を容易に正確に測定する線量計の開発などが進められています。


「原子力・放射線技術」のキーワード解説記事

もっと見る
原子力発電の技術と事業運営の特徴(その1)

♦ 原子力発電事業の特徴  “良く分からないけれど、なんとなくおぞましい”という印象が付きまとう原子力発電事業の...

♦ 原子力発電事業の特徴  “良く分からないけれど、なんとなくおぞましい”という印象が付きまとう原子力発電事業の...


原子力発電の技術と事業運営の特徴(その2)

 前回の「原子力発電の技術と事業運営の特徴(その1)」から続きます。 3.原子力発電の原価構造と経済性向上の鍵  原子力発電所はとても大きな施設で...

 前回の「原子力発電の技術と事業運営の特徴(その1)」から続きます。 3.原子力発電の原価構造と経済性向上の鍵  原子力発電所はとても大きな施設で...