専門家「白柳 春信」プロフィール

白柳 春信

 原子力発電事業を中心に、原子力と放射線をめぐる広範囲の懸案事項において、お考えをまとめるお手伝いをします。

白柳 春信

専門家専門家B しらやなぎ はるのぶ / 東京都 / 白柳技術士事務所

保有資格 技術士(原子力・放射線部門)、原子炉主任技術者
対応エリア 全国

対応分野

固有技術
原子力・放射線

経歴

 原子核工学専攻の修士課程を修了した後、33年以上にわたって電力会社で原子力発電事業の運営に携わる。その間、本社、3か所の原子力発電所、関連事業会社、それに一つの火力発電所で合計17か所の職場/職位で勤務し、エンジニアや管理者として原子力発電所の設備管理、運営、社会との関わりについての業務経験を積み、この経験を福島の復興と原子力利用技術の維持、向上に役立てたいと考えている。電力会社でのキャリアの後期では原子力発電所の安全性と信頼性の向上を目的とする世界組織の地域幹部を務めており、世界の原子力発電についての状況に基づいて英語でのご依頼にも対応する。原子力発電と電力供給の業務の中で、地球温暖化防止、再生可能エネルギー及びそれらを統合するエネルギー戦略等に関する基本的な知識も修得しており、これらを踏まえた上での原子力エネルギーに関する検討のご依頼にもお応えできる。
 電力会社を退社後、原子力製品及びサービスを専業とする商社でおよそ5年間品質マネジメントシステムの構築に携わる。現在は、原子力・放射線分野のトピックスに焦点を当てて技術士事務所を開業している。

業務実績

• 原子力プラント建設中の最終安全確認試験
• 原子力プラント建設の許可を得るための安全解析取りまとめ、申請書作成と規制当局折衝
• 原子力発電所の機器信頼性の監視、原子炉の炉心管理、原子燃料の取扱と管理
• 原子燃料の設計方針管理と成型加工手配の管理
• 原子力プラントの設計改良に関する検討
• 長期的に導入を検討する原子力発電プラント選定のための新型原子炉設計の比較、検討
• 原子力発電所における原子力安全文化の醸成活動
• 二つの原子力発電所と一つの火力発電所の幹部としての大規模組織のマネジメント
• 世界の全ての原子力発電所の安全性、信頼性の向上を目的とする組織において、アジア地域の活動を統括する事務局長
• 原子力発電事業及び商社における品質マネジメントシステムの構築、運営