「ヒューマンエラー」とは

ヒューマンエラーとは、意図しなかった結果に至った人の行為のこと、簡単に言えば人為的なミスです。 ヒューマンエラーは、動作ミス、誤判断、認知ミス、忘却、気の緩みなどが要因で起こる人的要因の災害ということになります。 その多くは担当者の知識不足と関係者間のコミュニケーション不足が遠因となりますから、十分な教育活動と組織的な交流活性化策が防止手段となります。。


「ヒューマンエラー」のキーワード解説記事

もっと見る
ヒューマンエラーを考える

  1. ヒューマンエラーを防ぐための基本  「ヒューマンエラーを防ぐための基本」とは何でしょうか。私は「5S」こそ基本だと考えます。「5S」とは、「…

  1. ヒューマンエラーを防ぐための基本  「ヒューマンエラーを防ぐための基本」とは何でしょうか。私は「5S」こそ基本だと考えます。「5S」とは、「…


ヒューマンエラーの考察(その1)ヒューマンエラーとは

1. ヒューマンエラーとは  ヒューマンエラーとは、言葉としての定義では、「意図しない結果を生じる人間の行為(JIS Z8115より) 」となっています…

1. ヒューマンエラーとは  ヒューマンエラーとは、言葉としての定義では、「意図しない結果を生じる人間の行為(JIS Z8115より) 」となっています…


ヒューマンエラーの考察(その2) ヒヤリハットとは

  1. ヒヤリ・ハット  「ヒヤリ・ハット」とは、作業や業務を行っていて、ミスや事故を起こしそうになり、「ヒヤリとした」、「ハッとした」ことです。つ…

  1. ヒヤリ・ハット  「ヒヤリ・ハット」とは、作業や業務を行っていて、ミスや事故を起こしそうになり、「ヒヤリとした」、「ハッとした」ことです。つ…

「ヒューマンエラー」の活用事例

もっと見る
ハインリッヒの法則の活用

 ハインリッヒの法則は、アメリカの損害保険会社の社員、ハインリッヒが唱えた、事故、災害の発生率のことです。この人の名前、或いは、1対29対300の法則とも言わ…

 ハインリッヒの法則は、アメリカの損害保険会社の社員、ハインリッヒが唱えた、事故、災害の発生率のことです。この人の名前、或いは、1対29対300の法則とも言わ…


物流安全管理再考

  1. ヒヤリハットメモで危険箇所を共有せよ  安全に関する取り組みはどの業界でも共通して言えることですが、すべてに先立って行われる必要があります。…

  1. ヒヤリハットメモで危険箇所を共有せよ  安全に関する取り組みはどの業界でも共通して言えることですが、すべてに先立って行われる必要があります。…