「環境規格」とは

環境規格としては、人体や環境に有害な物質の使用量や使用・管理方法を定めたものと、環境を維持・向上するマネジメントを定めたものがあります。 前者では特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理などを規定した「化学物質排出把握管理促進法」があり、PRTR制度とMSDS制度があおの中心です。 EU指令としてはRoHS(電気電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限に関する指令)とWEEE(廃電気電子機器指令)が代表的です。 後者としては国際標準化機構が定めたISO14000があり、国際的な環境要求の高まりにつれて、重要性が増しています。

◆関連解説記事『製造業における環境マネジメントとは』

◆関連事例記事『エコロジーを経営に活かすとは :新環境経営 (その16)』

◆関連セミナー紹介

◆関連教材紹介


「環境規格」のキーワード解説記事

もっと見る
自動車の環境問題(その1)EU新CAFE規制とは

  ♦ 規制オーバーは巨額な罰金  今回から、自動車の環境問題です。第1回は新CAFE規制です。CAFE(corporate...

  ♦ 規制オーバーは巨額な罰金  今回から、自動車の環境問題です。第1回は新CAFE規制です。CAFE(corporate...


地球に配慮し、次世代につなげる環境規格

  1. マネジメントシステム規格とスペック  かけがえのない地球環境を大切にして、次世代につなげていくのが我々の義務です。また我々の健...

  1. マネジメントシステム規格とスペック  かけがえのない地球環境を大切にして、次世代につなげていくのが我々の義務です。また我々の健...


「環境規格」の活用事例

もっと見る
【SDGs取り組み事例】ISO14001とSDGsの両輪で、環境パフォーマンスの向上図る

従業員主体の活動で持続可能な発展目指す 大同工業株式会社(神奈川県大和市) 目次 1.ビジネスモデルの独創性などから「神奈川がんばる企業エース」...

従業員主体の活動で持続可能な発展目指す 大同工業株式会社(神奈川県大和市) 目次 1.ビジネスモデルの独創性などから「神奈川がんばる企業エース」...


製品安全で急浮上の課題『サイレントチェンジ』の事例

 ◆ サイレントチェンジ多発の背景  2017年10月経産省・製品安全課から次のような文章が公開されました。「製造事業者は電気用品安全やRoHS規制等の...

 ◆ サイレントチェンジ多発の背景  2017年10月経産省・製品安全課から次のような文章が公開されました。「製造事業者は電気用品安全やRoHS規制等の...