「半導体技術」とは

半導体は産業の米とも言われ、今やあらゆる電子製品に利用されて多くの機能を実現しています。半導体技術はその設計から、生産までの固有技術であり、半導体生産はウェハーと呼ばれる基板上にフォトリソグラフィ工程で回路パターンを形成する前工程と、チップに切り分けてパッケージに封止して特性を検査する後工程に分けられます。 18ヶ月ごとに2倍というムーアの法則に従って集積度が上がるにつれ、半導体価格あたりの性能も向上していくため、世代毎に競争優位が移って来た歴史があり、半導体技術ロードマップに沿った開発と設備投資を進める必要があります。

◆半導体技術関連の解説記事

◆半導体関連の教材紹介

◆半導体関連のセミナー紹介

 


「半導体技術」のキーワード解説記事

もっと見る
半導体の種類をわかりやすく解説

  半導体は導体と絶縁体の中間に位置するものです。半導体デバイスの主な物質はゲルマニウムやシリコンで、抵抗率は導体と絶縁体の間の値となって...

  半導体は導体と絶縁体の中間に位置するものです。半導体デバイスの主な物質はゲルマニウムやシリコンで、抵抗率は導体と絶縁体の間の値となって...


MEMSとは デバイス産業第3の波か?

  半導体微細加工技術と様々な技術を組み合わせて、小形部品を形成するMEMS (Micro Electro Mechanical Syst...

  半導体微細加工技術と様々な技術を組み合わせて、小形部品を形成するMEMS (Micro Electro Mechanical Syst...


早わかり、シリコンフォトニクスとは

  次世代の半導体製品の製造技術として、シリコンフォトニクスへの期待が高まっています。これはシリコン半導体チップと、化合物半導体の高周波・...

  次世代の半導体製品の製造技術として、シリコンフォトニクスへの期待が高まっています。これはシリコン半導体チップと、化合物半導体の高周波・...