「データマイニング/ビッグデータ」とは

データマイニングは、大量のデータから有用な知識・情報を取り出す技術のことです。マイニングとは、鉱山から鉱物を掘り出す作業のことで、あたかもデータの山から、知識・情報を掘り当てる技術に例えられます。データマイニングには、主に統計解析、機械学習、人工知能などが用いられます。 ビッグデータはWeb上などに拡散した大量の言語データを解析することで、一定の法則性を見出そうとするもので、データ量の増大と処理方法の進化によって実用的になってきました。

◆関連解説記事『ビッグデータ処理による機械学習・データマイニング (その1)』

◆関連セミナー紹介

◆関連教材紹介

 

 


「データマイニング/ビッグデータ」のキーワード解説記事

もっと見る
データ分析講座(その105) アクション系のデータとは

◆ 必ず整備されていないデータは“アクション系”  積極的にデータ分析がなされていない企業で、必ずと言っていいほど整備されて...

◆ 必ず整備されていないデータは“アクション系”  積極的にデータ分析がなされていない企業で、必ずと言っていいほど整備されて...


ビッグデータにまつわる病とは

 以前、ビッグデータの研究会で、私がデータ分析において過ちを犯していたことを思い出しました。ある画像データ1万枚を、良不良を判別するために解析精度がな...

 以前、ビッグデータの研究会で、私がデータ分析において過ちを犯していたことを思い出しました。ある画像データ1万枚を、良不良を判別するために解析精度がな...


ビッグデータの活用とは

   今回は、ビックデータの活用について解説します。   1. ビッグデータの活用  「ビッグデータ」はそれ単体では、単なる巨大なデータの塊で...

   今回は、ビックデータの活用について解説します。   1. ビッグデータの活用  「ビッグデータ」はそれ単体では、単なる巨大なデータの塊で...