ホーム > 技法解説 > 情報マネジメント > UI(ユーザーインターフェイス)/UX(ユーザーエクスペリエンス)

UI(ユーザーインターフェイス)/UX(ユーザーエクスペリエンス) とは

UI (ユーザーインターフェイス)とは、ユーザとシステムとの間でやりとりを行う接点を意味します。 身近な例としては、パソコンやスマートフォンにおいて、ユーザがシステムの操作やデータの入力を行う画面や、システムが処理結果を表示する画面が挙げられます。 UX (ユーザーエクスペリエンス)とは、ユーザがシステムから得られる体験を意味します。 ISO 9241-210においては「製品、システム、サービスを使用した、および/または、使用を予期したことに起因する人の知覚(認知)や反応」と定義されています。 UIとUXは語感が似ているため混同されがちですが、UXはUIを含んだ包括的な概念です


UI(ユーザーインターフェイス)/UX(ユーザーエクスペリエンス)の解説記事一覧

UI(ユーザーインターフェイス)/UX(ユーザーエクスペリエンス)の活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


UI(ユーザーインターフェイス)/UX(ユーザーエクスペリエンス)の専門家

氏名 会社名
坂東 大輔 坂東技術士事務所 技術士(情報工学部門)と通訳案内士(英語)の二刀…






月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
≫広告掲載をご希望の方はこちら