「3C分析」とは

3C分析とは、外部要因であるCustomer(顧客)、Competitor(競合)、そして内部要因としてのCompany(自社)という3つの観点から、顧客、競合の外部環境と内部環境(自社)にフォーカスすることで、企業戦略や事業戦略の策定に活用する手法です。 当然ですがこれら3つはばらばらに扱うのではなく、ターゲットとする顧客を定義してその特性を分析したら、その特性に関連する自社と競合の項目をできる限り定量的に比較することが必要で、その上で競合に勝って顧客を取り込む戦略を打ち立てなくてはなりません。

◆顧客(Customer)分析の関連解説記事『顧客の声から顧客の価値へ(その1) ボイス・オブ・カスタマー』

競合(Competitor)分析の関連解説記事『3C分析を正しく使う』

◆自社(Company)分析の関連解説記事『技術資源の有効活用:自社の技術を見直す』

◆関連セミナー紹介


「3C分析」のキーワード解説記事

もっと見る
3C分析とは

     マーケティングの基礎としてSTPマーケティング、3C分析、そして商品企画7つ道具としてインタビュー、アンケート、ポジ...

     マーケティングの基礎としてSTPマーケティング、3C分析、そして商品企画7つ道具としてインタビュー、アンケート、ポジ...


3C分析の結果をWEBマーケティング戦略に落とし込む方法

 経営戦略を考える上で使われるフレームワークで「3C分析」という言葉を聞かれたことのある方は多いと思います。今回は、「3C分析」のフレームワークを使い、W...

 経営戦略を考える上で使われるフレームワークで「3C分析」という言葉を聞かれたことのある方は多いと思います。今回は、「3C分析」のフレームワークを使い、W...


3C分析を正しく使う

 3C分析は広く知られています。競合、自社、お客様の3つを調査して戦略を考えましょうという事です。広く知られていても、正しく使えないと、良い戦略は立てられ...

 3C分析は広く知られています。競合、自社、お客様の3つを調査して戦略を考えましょうという事です。広く知られていても、正しく使えないと、良い戦略は立てられ...