「電気・電子技術」とは

電気を「エネルギーとして利用する」のが電気技術、あるいは電気工学であり、発電や電力の制御、その機能的応用として、モーターなどの駆動やヒーターなどのエネルギー変換があります。 一方同じ電気でも電子挙動を「信号として利用する」のが電子技術、あるいは電子工学であり、トランジスタ、ダイオードなどの能動素子の製作、利用が典型ですが、抵抗、コンデンサ、トランスといった受動素子も組み合わせ、何らかの有用な機能を発揮する電子回路や表示素子などが対象に含まれます。 扱う信号の種類でアナログ、デジタルと分類したり、応用分野によって通信、制御、計測と分類したり、広範な技術の体系です。


「電気・電子技術」のキーワード解説記事

もっと見る
次世代技術(その1)燃料電池

   神奈川県では参入希望の中小企業を対象に「スマートエネルギー関連製品等開発促進事業(HEMS)」を、埼玉県では「次世代産業参入支援事業費補助金」を展開し…

   神奈川県では参入希望の中小企業を対象に「スマートエネルギー関連製品等開発促進事業(HEMS)」を、埼玉県では「次世代産業参入支援事業費補助金」を展開し…


次世代技術(その2)燃料電池自動車FCV

1. 燃料電池自動車FCVとは  燃料電池自動車FCV(Fuel Cell Vehicle)とは、主に水素を燃料とし、燃料電池のなかで、水素と酸素の化学…

1. 燃料電池自動車FCVとは  燃料電池自動車FCV(Fuel Cell Vehicle)とは、主に水素を燃料とし、燃料電池のなかで、水素と酸素の化学…