「層別」とは

層別とは、与えられたデータを一群ではなく、属性で分類したグループごとに分析する事です。 例えばQC七つ道具のひとつ散布図を作成してみたら、2つの因子の間に相関はないように見えても、装置、作業者、作業方法、材料ロットなどで層別して分析してみると相関係数がぐっと大きくなることがあります。 またヒストグラムではデータが正規分布することが多いものですが、左右非対称な場合に層別の因子を導入を検討してみましょう。


「層別」の活用事例

もっと見る
装置起因ばらつきの改善事例(層別分析)

◆問題のアウトライン    C社は4台の装置を用いて操業を行っていたが欠陥特性のスペックアウトが時折発生していた。 スペックアウト品は全て4号機で生産した…

◆問題のアウトライン    C社は4台の装置を用いて操業を行っていたが欠陥特性のスペックアウトが時折発生していた。 スペックアウト品は全て4号機で生産した…