「安全工学」とは

安全工学とは、製品が使用者に対する危害と、生産において作業者が受ける危害の両方に対して、人間の安全を確保したり評価する技術です。特に原子力発電、航空機、輸送機械など大きな危害を与える危険性のあるものでは、重要性が大きいと言えます。


「安全工学」のキーワード解説記事

もっと見る
安全表示のあれこれ

1.表示の国際ルール   私たちは朝の起床から就寝するまで、必ず何らかの製品やサービスの恩恵を受けて生活しています。安全を楽しんで生活するために設けられたル…

1.表示の国際ルール   私たちは朝の起床から就寝するまで、必ず何らかの製品やサービスの恩恵を受けて生活しています。安全を楽しんで生活するために設けられたル…


広告の安全監査は、誰の責任か

 広告を使用者に伝達する手段として色々なメディアがあります。新聞、テレビ、雑誌、交通広告、映画スクリーン広告、WEB広告、スマートフォンなど、私たちの日常生活…

 広告を使用者に伝達する手段として色々なメディアがあります。新聞、テレビ、雑誌、交通広告、映画スクリーン広告、WEB広告、スマートフォンなど、私たちの日常生活…


ヒューマンエラーの再発防止対策

  ヒューマンエラー(ポカミス)とは、人間が機械や工具を使って作業する場合などで、人間が行うべき作業を適切に行わない事により生じるエラーです。この解説では、ヒ…

  ヒューマンエラー(ポカミス)とは、人間が機械や工具を使って作業する場合などで、人間が行うべき作業を適切に行わない事により生じるエラーです。この解説では、ヒ…

「安全工学」の活用事例

もっと見る
製品安全で急浮上の課題『サイレントチェンジ』の事例

 ◆ サイレントチェンジ多発の背景  2017年10月経産省・製品安全課から次のような文章が公開されました。「製造事業者は電気用品安全やRoHS規制等の対応…

 ◆ サイレントチェンジ多発の背景  2017年10月経産省・製品安全課から次のような文章が公開されました。「製造事業者は電気用品安全やRoHS規制等の対応…


プラスチック製品の不具合事例 (最終回)

  (3)プラスチック製品の不具合事例 (その3) 事例⑥ アクリル製冷水筒の破損  密閉式のアクリル製冷水筒の破損             …

  (3)プラスチック製品の不具合事例 (その3) 事例⑥ アクリル製冷水筒の破損  密閉式のアクリル製冷水筒の破損             …


プラスチック製品の不具合事例 (その2)

プラスチック製品の不具合事例 を解説します。   (3)プラスチック製品の不具合事例 (その2) 事例② 【玩具の破片(2)】   &…

プラスチック製品の不具合事例 を解説します。   (3)プラスチック製品の不具合事例 (その2) 事例② 【玩具の破片(2)】   &…