「安全工学」とは

安全工学とは、製品が使用者に対する危害と、生産において作業者が受ける危害の両方に対して、人間の安全を確保したり評価する技術です。特に原子力発電、航空機、輸送機械など大きな危害を与える危険性のあるものでは、重要性が大きいと言えます。

◆関連解説記事『リスクアセスメント(その1)リスクアセスメントの必要性』

◆関連セミナー紹介

◆関連教材紹介

 


「安全工学」のキーワード解説記事

もっと見る
機能安全とは【連載記事紹介】

  機能安全の連載記事が無料でお読みいただけます!   ◆機能安全とは何か 機能安全(Functional Safety)...

  機能安全の連載記事が無料でお読みいただけます!   ◆機能安全とは何か 機能安全(Functional Safety)...


時間基準保全(TBM)とバスタブ曲線

  ◆定期整備で故障削減が期待できない理由とは 「工場の設備は、定期的なオーバーホールを行っているから、故障なんてしない!」本当にそうで...

  ◆定期整備で故障削減が期待できない理由とは 「工場の設備は、定期的なオーバーホールを行っているから、故障なんてしない!」本当にそうで...


ゼロ災に向けた新たな領域へ

  今回は、安全意識を高めるための「 説明のしかた 」「 納得のさせかた 」についてのお話です。リーダーが労働安全衛生の教育や研修時に『 ...

  今回は、安全意識を高めるための「 説明のしかた 」「 納得のさせかた 」についてのお話です。リーダーが労働安全衛生の教育や研修時に『 ...


「安全工学」の活用事例

もっと見る
化学物質による事故・汚染、化学物質の危険性、有害性、取扱い事例

 私の所属している化学物質管理士協会が行う化学物質管理試験科目の一つである化学物質による事故・汚染、化学物質の危険性、有害性、取扱い方について取り上げ...

 私の所属している化学物質管理士協会が行う化学物質管理試験科目の一つである化学物質による事故・汚染、化学物質の危険性、有害性、取扱い方について取り上げ...


静電気事故に学ぶリスクコミュニケーション

  ♦リスクコミュニケーションの目的と必要性  化学工場の事故の大半は静電気爆発・静電気着火によるものです。各社静電気事故防...

  ♦リスクコミュニケーションの目的と必要性  化学工場の事故の大半は静電気爆発・静電気着火によるものです。各社静電気事故防...


静電気事故が減らない理由、異物不良が減らない理由

 化学工場でその行為が事故につながる可能性の有無について、リスク見積もりができるかどうかは従業員のセンスに依存する場合が多いようです。  ここでいう...

 化学工場でその行為が事故につながる可能性の有無について、リスク見積もりができるかどうかは従業員のセンスに依存する場合が多いようです。  ここでいう...