ヒートシンクとは?原理や用途を紹介

投稿日

ヒートシンクとは?原理や用途を紹介


ヒートシンクは、電子機器の発熱部品から効率的に熱を放散する装置です。ヒートシンクは、コンピュータ、電力変換装置、通信機器など様々な分野で使われています。
この記事では、ヒートシンクの基本原理、素材、形状、性能、用途について詳しく解説します。

 

ヒートシンクとは何か?

[参考写真]基板上に設置されているヒートシンク(写真中央左の銀色の部品)

 


ヒートシンクは、電子機器などの発熱部品から熱を効率的に放散するための装置です。主に金属製で、熱を吸収し空気中に放出するための大きな表面積を持っています。ヒートシンクは、オーバーヒートを防ぎ、電子機器の性能と寿命を維持する重要な役割を果たします。この装置は、特にコンピュータのCPUやパワー半導体など、高温になりやすい部品に使用されます。

 


関連記事:自動車用センサ、外乱との闘いとは


 

ヒートシンクの基本原理と放熱の方法

ヒートシンクの基本原理は、熱伝導と熱放射を利用して熱エネルギーを分散させることにあります。ヒートシンクは通常、熱伝導率が高い金属(通常はアルミニウムや銅)で作られており、発熱するコンポーネントから直接熱を受け取ります。その後、拡大された表面積を通じて熱を周囲の空気に放出します。多くのヒートシンクには、熱を効率的に放散するためのフィンやピンが付いており、これによって表面積が増加し放熱効果が高まります。一部のヒートシンクでは、熱放散を助けるためにファンが用いられることもあります。

 

ヒートシンクの素材と形状

ヒートシンクの製造には主にアルミニウムや銅が使用されます。アルミニウムは軽量で熱伝導率が良く、コストも比較的低いため、多くのアプリケーションで利用されています。一方、銅はアルミニウムよりも熱伝導率が高いが重く、価格も高いため、より高い放熱性能が必要な場合に選ばれます。ヒートシンクの形状は、使用される環境と必要な放熱性能によって異なります。一般的な形状には、フィンやピンが多数付いたものがあり、これにより表面積が増加し、空気との接触面積が拡大して熱放散が促進されます。また、設計によっては、空気の流れを最適化するための特殊な形状が採用されることもあります。

 

ヒートシンクの性能

ヒートシンクの性能は、主にその熱伝導率、形状、および対流効率によって決定されます。熱伝導率が高い素材を使用することで、ヒートシンクはより効率的に熱を吸収し放散させることができます。また、フィンやピンの形状は、空気流との接触面積を最大化し、放熱を促進します。ヒートシンクの設計では、空気の流れを制御し、熱を効果的に周囲に分散させることが重要です。ファンの使用や、ヒートシンクの向きと配置も性能に大きく影響し、適切な空気の流れを確保することで冷却効果を高めます。これらの要素が組み合わさることで、ヒートシンクは高熱を発する電子部品の温度を効率的に下げ、機器の性能と寿命を維持することに貢献します。

 

ヒートシンクの用途

ヒートシンクは、オーバーヒートを防ぎ、電子機器の性能と寿命を維持するために幅広い分野で使用されています。コンピュータのCPUやGPUなどの高性能プロセッサは、ヒートシンクによ...

ヒートシンクとは?原理や用途を紹介


ヒートシンクは、電子機器の発熱部品から効率的に熱を放散する装置です。ヒートシンクは、コンピュータ、電力変換装置、通信機器など様々な分野で使われています。
この記事では、ヒートシンクの基本原理、素材、形状、性能、用途について詳しく解説します。

 

ヒートシンクとは何か?

[参考写真]基板上に設置されているヒートシンク(写真中央左の銀色の部品)

 


ヒートシンクは、電子機器などの発熱部品から熱を効率的に放散するための装置です。主に金属製で、熱を吸収し空気中に放出するための大きな表面積を持っています。ヒートシンクは、オーバーヒートを防ぎ、電子機器の性能と寿命を維持する重要な役割を果たします。この装置は、特にコンピュータのCPUやパワー半導体など、高温になりやすい部品に使用されます。

 


関連記事:自動車用センサ、外乱との闘いとは


 

ヒートシンクの基本原理と放熱の方法

ヒートシンクの基本原理は、熱伝導と熱放射を利用して熱エネルギーを分散させることにあります。ヒートシンクは通常、熱伝導率が高い金属(通常はアルミニウムや銅)で作られており、発熱するコンポーネントから直接熱を受け取ります。その後、拡大された表面積を通じて熱を周囲の空気に放出します。多くのヒートシンクには、熱を効率的に放散するためのフィンやピンが付いており、これによって表面積が増加し放熱効果が高まります。一部のヒートシンクでは、熱放散を助けるためにファンが用いられることもあります。

 

ヒートシンクの素材と形状

ヒートシンクの製造には主にアルミニウムや銅が使用されます。アルミニウムは軽量で熱伝導率が良く、コストも比較的低いため、多くのアプリケーションで利用されています。一方、銅はアルミニウムよりも熱伝導率が高いが重く、価格も高いため、より高い放熱性能が必要な場合に選ばれます。ヒートシンクの形状は、使用される環境と必要な放熱性能によって異なります。一般的な形状には、フィンやピンが多数付いたものがあり、これにより表面積が増加し、空気との接触面積が拡大して熱放散が促進されます。また、設計によっては、空気の流れを最適化するための特殊な形状が採用されることもあります。

 

ヒートシンクの性能

ヒートシンクの性能は、主にその熱伝導率、形状、および対流効率によって決定されます。熱伝導率が高い素材を使用することで、ヒートシンクはより効率的に熱を吸収し放散させることができます。また、フィンやピンの形状は、空気流との接触面積を最大化し、放熱を促進します。ヒートシンクの設計では、空気の流れを制御し、熱を効果的に周囲に分散させることが重要です。ファンの使用や、ヒートシンクの向きと配置も性能に大きく影響し、適切な空気の流れを確保することで冷却効果を高めます。これらの要素が組み合わさることで、ヒートシンクは高熱を発する電子部品の温度を効率的に下げ、機器の性能と寿命を維持することに貢献します。

 

ヒートシンクの用途

ヒートシンクは、オーバーヒートを防ぎ、電子機器の性能と寿命を維持するために幅広い分野で使用されています。コンピュータのCPUやGPUなどの高性能プロセッサは、ヒートシンクによって生成される大量の熱を効果的に放散します。また、電力変換装置、パワーアンプ、LED照明など、高温になりやすい電子部品にもヒートシンクが重要です。通信機器やオーディオ機器など、安定した温度制御が求められる機器でも、ヒートシンクは不可欠な役割を果たしています。これらの機器でのヒートシンクの使用は、機器の安定稼働と寿命延長に直接寄与し、性能の最適化を支えています。


関連記事:SiCパワー半導体とは?市場の動向や今後の展望を解説 


 

特殊な用途のヒートシンク

ヒートシンクは、特殊な用途においても活用されています。例えば、宇宙航空産業では、極端な温度変化に耐えるための特別に設計されたヒートシンクが使用されます。また、自動車産業では、特にハイブリッド車や電気自動車の電池パックの冷却にヒートシンクが重要です。ここでは、電池の過熱を防ぎ、性能と安全性を保持するために効果的な放熱が必要です。さらに、高度な医療機器や産業用ロボットなど、精密な温度管理が求められる機器でも、ヒートシンクは不可欠です。これらの用途では、特定の環境条件や性能要件に適応するために、カスタム設計されたヒートシンクが用いられることが一般的です。

 

まとめ

ヒートシンクは、電子機器のオーバーヒートを防ぎ、性能と寿命を維持するために重要な装置です。高熱伝導率を持つ素材と効果的な形状を利用し、熱エネルギーを効率的に放散します。コンピュータのCPUから宇宙航空産業、自動車産業まで、幅広い分野でその効果が不可欠であり、機器の安定稼働と性能最適化に直接寄与しています。

 

   続きを読むには・・・


この記事の著者

大岡 明

改善技術(トヨタ生産方式(TPS)/IE)とIT,先端技術(IoT,IoH,xR,AI)の現場活用を現場実践指導、社内研修で支援しています。

改善技術(トヨタ生産方式(TPS)/IE)とIT,先端技術(IoT,IoH,xR,AI)の現場活用を現場実践指導、社内研修で支援しています。


「電気・電子技術」の他のキーワード解説記事

もっと見る
有線制御していた機能を無線化するには、機械の操作を無線化するとは

  今回のテーマを別の言い方にすれば「機械の操作を無線化してケーブルをなくすにはどう考える」と言えます。つまり、皆さんの身の回りで、音楽を...

  今回のテーマを別の言い方にすれば「機械の操作を無線化してケーブルをなくすにはどう考える」と言えます。つまり、皆さんの身の回りで、音楽を...


ステッピングモーターの基礎知識を徹底解説!特徴や用途例、種類を紹介

ステッピングモーターは、デジタル信号に基づいて特定の角度で回転する電動機で、精確な位置制御が可能になります。主に自動化機器や精密機械に用いられるこのモ...

ステッピングモーターは、デジタル信号に基づいて特定の角度で回転する電動機で、精確な位置制御が可能になります。主に自動化機器や精密機械に用いられるこのモ...


DCモーターとは?ACモーターとの違いは?特徴やメリット・デメリットを紹介

日本の電力消費量の約半分はモーターによるといわれ、電車や電気自動車、エレベータやエスカレータ、産業機械など大きなものからOA機器や家電機器、玩具など小...

日本の電力消費量の約半分はモーターによるといわれ、電車や電気自動車、エレベータやエスカレータ、産業機械など大きなものからOA機器や家電機器、玩具など小...


「電気・電子技術」の活用事例

もっと見る
新技術の特長活かした新規事業機会創出に向けて

※イメージ画像   1. 電子部品業界を牽引 ~ リバーエレテック社  今回は水晶振動子や水晶発振器を中心に業界のリーディングカンパニー...

※イメージ画像   1. 電子部品業界を牽引 ~ リバーエレテック社  今回は水晶振動子や水晶発振器を中心に業界のリーディングカンパニー...