課題解決実践法-USIT(その2)USITの進め方

 前回のその1に続いて解説します。
 

3. 「課題解決実践法-USIT」のStep

 実際のUSITの進め方を図3 に示します。この各Stepについて以下に述べます。
 
  USIT
図3. USITの進め方 <そのステップ>

3.1 課題定義

 通常の技術問題は、複数の事象が絡み合っていることが多いのですが、USITではそれらを解きほぐして「一つの問題」に絞り込みます。一つに絞り込むことが出来ないときには、一つずつを複数回取り組みます。簡単なスケッチを描き、何を解決したいのか、その問題を引き起こしている原因の種(中核原因)は何かを探り、それを解決すれば本当にOKとなる課題(中核課題)は何かを出します。
 
 課題定義がきっちり出来れば7割方対策が出来たと言っても過言ではありません。
 

3.2 問題分析

 問題分析には下記の「現行システム分析法」と「理想モデル法」の2つと、 それに続く「時間 ・ 空間的特性分析」があります。現行システム分析法と理想モデル法はどちらか1つだけでも良いのですが、両方を使った方がBestな解を得易いでしょう。
 

◆ 現行システム分析法

 現行システムの構成因子(モノ)と働き、およびモノが持っている性質を列挙します。現行システムの改良を行うアプローチに向いています。
 

◆ 理想モデル法

 「理想解」を考えることからスタート。「こうありたい」「こうあってほしい」状況を列挙します。現行システムや明確なモデルが無い場合にも使えます。 発想を広げやすいでしょう。
 

◆ 時間・空間的特性分析

 問題の起こっている時間や空間を捉えることで、対処すべきタイミングや場所を考えます。これにより解決策の方向の示唆が得られます。
 

3.3 解決策生成

 図4 にアイデアを出す視点を示します。
 
 USIT
図4 アイデア発想の視点1,7,8)-簡略版-
 

 【第一次アイデア発想】:下記3つの方法を繰り返して用います。

1)モノからの発想法:モノ(構成因子)を変える。→ モノを無くす/増やす/分割する など。
2)性質からの発想法:性質を変える。→ 性質を抑える/強調する/変える など。
3)機能からの発想法:機能(働き)を変える。→ 機能を抑える/追加する/分ける など。

 【第二次アイデア発想】:次の2つの方法によってより良い多くの解決策を得る。

4)解決策の体系化による発想法
 上記で得られた解決策を体系化し、解決策の抜け/モレを補う。更に、一般的な解決策をより具体的な形にする。
5)解決策の組み合わせによる発想法
 各具体案を組み合わせて更に強力な解決策にする。または上位システムに移行させます。
 
 1)~5)によって、通常数百の解決策が生まれます。
 
次回は、3.4 優先順位の決定から解説を続けます。
 

この記事の著者

三原 祐治

技術開発/課題解決のための最も強力なTRIZとその実践法であるUSITを用いて、試行錯誤を繰り返すことによるムダな時間と労力を費やさずに、短期間で最高の結果を手にしよう!

技術開発/課題解決のための最も強力なTRIZとその実践法であるUSITを用いて、試行錯誤を繰り返すことによるムダな時間と労力を費やさずに、短期間で最高の結...

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「USIT」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「三原 祐治」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。