Advanced 40の発明原理: 12 等ポテンシャル原理(力やエネルギーの保存、潜在能力:Equipotentiality)

 前回の11 事前保護原理に続いて解説します。今まで、何処でも誰でも使えるTRIZツールづくりを試行してきました。その過程で、抽象化思考の苦手な人が、意外に多いようです。現場では、課題だけでなく、発明原理の活用にも抽象化思考が求められます。この最新版は、各々の感性に合せ、無意識的に拡大(抽象化)/縮小(具体化)できるよう工夫しました。つまり、原理名、言い換えた分かり易い文言、サマリー、サブ原理の図解、異分野適用例の5段階の視点でアイデア出しします。
 

1.等ポテンシャル原理の概要

 部品の重さに応じてばねが伸縮し、常に一定の高さで部品を供給する考え方です。例えば、食堂のトレーの配膳装置が代表例です。
 
                                          
TRIZ
図1. 12等ポテンシャル原理のイメージ図
 

2. サブ原理の種類と図解事例

a.物体やシステムの作業条件や構造を変えて、引張/圧縮力の影響を軽減したり、バランスしたりする変え方

(1)エアーバランサは、操作ハンドルのレバー又は押釦操作によって吊上げ物を上昇・下降できるほ
    か、バランスレバーを切り換えると空気圧の自動制御により吊上げ物を無重力に近い状態に保つこ
    とができます。
 
                                                         
TRIZ
図2. エアーバランサ(参考文献:遠藤工業株式会社HP)
 
(2)インターネット上のアクセスの多寡に応じてサーバーを分散配置させて負荷の最適化を図ります。
 
                                               
TRIZ
図3. サーバーによる負荷の最適化
 

3. HW、SW及びビジネス等分野での適用例

     ・船の高さを合わせる運河の水門
     ・インターネット一時ファイルのディスク領域の設定
     ・ポートフォリオ分析による投資バランスを把握
 

セミナー「最適制御・モデル予測制御(MPC)の基本から応用事例まで」

10:30 ~ 16:30 

[東京・大井町] きゅりあん 5階 第3講習室

46,440円

4. 40の発明原理の主な活用法

 a.慣習的に使われている方法

 問題が発生したときは、パニックになったりして精神的な余裕がないようです。矛盾問題として捉え、課題を抽象化してから矛盾表から発明原理を検索するには、かなりの訓練が必要です。推薦したいのは,40の発明原理に日ごろから親しんでおくこと。あるいは、発明原理を全部スキャンして発想すること。TRIZそのものを理解していなくても、藁にもすがりたい人には、強力なヒントとなります。
 

b.矛盾Matrixから発明原理を抽出する方法

 矛盾 Matrix表の縦横の軸には、39×39の特性(パラメータ)が配置されています。課題を抽象化して、縦軸から「改善する特性」、横軸から「悪化する特性」を選ぶと、両者の交点に「発明原理(principle)」が提示されます。 この発明原理をヒントに解決策を発想します。例えば,改善する特性で「移動物体の体積」,悪化する特性で「移動物体の面積」を選ぶと,矛盾 Matrix表の交点に、「01分割原理」「04非対称原理」「07入れ子原理」「17他次元移行原理」を確認できます。
 
参考文献
   1. Darrell Mann 他:TRIZ実践と効用(1)体系的技術革新(創造開発イニシアチブ)
   2. 粕谷茂:図解これで使えるTRIZ/USIT(日本能率協会)
   3. 粕谷茂:SEのスピード発想術(技術評論社)
 

この記事の著者

粕谷 茂

「感動製品=TRIZ*潜在ニーズ*想い」実現のため、差別化技術力、自律人財創出を支援します。

【自分史&想い】埼玉県川越生れ、神奈川在住、質実剛健の風土育ち。子供の頃の夢は自動車の開発でしたが、オイルショックで方向転換し、井深大氏最後のプロジェクトに参画できました。感動製品開発のソニースピリッツは直伝。先輩のノウハウをベンチマーク…

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「40の発明原理」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「粕谷 茂」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。

すでに会員の方はこちらからログイン