トータルサプライチェーン改革の進め方 

調達、生産、営業、横断的なロジスティクス改革が、

真のサプライチェーン改革の肝!


講師


SCM改革コンサルタント 鳥井 恭 氏

【講師紹介】
 1990年代よりNECにて電機機器、半導体電子部品製造工場へのトヨタ生産方式を導入する「統合SCM生産革新活動」を、現場改善、設備改善、営業連携、調達連携、情報システムなど様々な領域で推進。2008年からはNECロジスティクス(現日通NECロジスティクス)にて、経営幹部として製造業のものづくり改革の視点から国内外で物流改革をさらに推進。同時に他の製造業に対して、コンサル及び講演活動を通して、トヨタ生産方式導入で最も大切かつ盲点となっている経営改革、物流改革に重点を置いて指導。


受講料


日本ならびに他地区IE協会会員 38,880円 一般 51,840円
日本生産性本部賛助会員 45,360円 *消費税、テキスト代を含みます


(会員登録が不明の方は、申込みフォームの通信欄に「会員登録不明」と記入してください。当方で企業名から調査します。またこれを機会に会員登録をご検討の方は、同じく「登録資料希望」と記入してください。特典など詳しい情報を送付します。ご登録いただくと、今回分から会員受講料が適用可能です。)


詳細


 真のサプライチェーン改革は部門横断的ロジスティクス改革である!
 ものづくり改革が部分最適にとどまり経営スコアに結び付かない、生産ラインの改善はできたが、営業や資材調達との連携したサプライチェーン改革の方法がわからない、などの課題で悩んでいませんか?
 本セミナーは、製造業においてトヨタ生産方式を定着させ、サプライヤからお客様までのトータルサプライチェーンで「短く単純な流れ」を実現するためのロジスティクス戦略と手法を丁寧に解説します。
 今までコストとしか見られていなかった物流がなぜプル型サプライチェーン構築の最重要インフラなのか? 調達改革、生産改革、デリバリ改革を複合的に実現する物流ネットワーク構築の手法とは?
 SCM全体責任者、工場長、製造部門、調達購買部門、生産技術部門、生産革新推進部門の部門長、推進担当者の方々のご出席をお勧めします。


プログラム内容


1.製造業におけるサプライチェーン改革の基本
(1)ものづくりにおける改善改革の基本
(2)ものと情報の流れ作り
(3)目指すべき全体像と改革計画の立案
(4)ものづくり経営の目指すべき経営指標

 サプライヤ~工場~お客様までの広く長いサプライチェーン全域にTPS(トヨタ生産方式)を徹底し、無駄なく、小刻みに、タイトに短く単純な流れを通すことが目指す姿です。まず自社のサプライチェーンのASISを整理し、TOBEモデルを設計し、改革計画を立案する手法をお伝えします。


2.プル型サプライチェーンを支えるロジスティクス
(1)戦略的ロジスティクスを実現する3つの要素機能
  ・定時定ルート物流ネットワーク網
  ・積極的に構える在庫=ストア
  ・現場間の連携指示システム=かんばん
(2)調達革新=調達と生産(工場)の繋がりを作る
(3)生産革新=工場間・工程間の繋がりを作る
(4)デリバリ改革=お客様と生産(工場)の繋がりを作る

 その手段として物流改革が必須です。しかし、その目的は物流コスト削減ではなく、物流機能の戦略的強化。重要なロジスティクス3要素機能の解説と構築方法について事例に基づいてご紹介します。


3.グローバル時代におけるロジスティクス戦略
(1)物流のさらなる進化
(2)グローバル物流のあり方
(3)情報システム

 物流改革によって実現した、調達物流改革(かんばん、通い箱、VMI、等)と販売物流改革(BTOと在庫販売モデル、品揃え同期デリバリ)などを事例でご紹介します。


4.まとめ
(1)会社が変わる!経営スコアに現れる真の成果
(2)物流を制するものが、ものづくりを制する

 物流は、ものづくり企業の競争力の源泉、すなわち最後のフロンティアになりつつあります。


※ プログラムは都合により変更になる場合があります