ヒューマンエラーの原因と未然防止・撲滅のための効果的な対策〜製造/工場、品質管理のための新しいマネジメントスタイル〜

ヒューマンエラーを撲滅するためには?
効果的なポカヨケの方法とは?
原因をあぶり出し、どういった対策を取るべきなのか、
豊富な事例と共に解説

セミナー講師

株式会社SMC 代表取締役 松田 龍太郎 先生

経歴
1974年3月 旧倉吉立石電機(株) 現オムロンスイッチアンドデバイス(株)に入社
 ・10年間リミットスイッチ、汎用スイッチの設計開発に従事、約150件の特許・実用新案を考案
1986年から14年間、トヨタ生産方式(TPS)の導入と推進に従事
 ・ほぼすべての部署の間接業務改善も担当、さらに協力工場様10数社にTPSを展開
2000年1月に同社退社、翌日から東京五反田の(有)エス・ピイ・エス経営研究所入社
 ・2月から欧州担当。ドイツを中心に12カ国、70社以上、210工場以上のTPSの展開と現場改善に従事
2006年10月末に同社退社、翌日に(株)SMCを創業し現在に至る
 ・Airbus、Bosch、FETTE、GKN、Siemens、SKF、ThyssenKrupp、ZF、ドイツ鉄道など大手企業ばかりでなく、「世界の隠れたチャンピオン」といわれる中小企業も多くコンサルティングしてきました。特長的なのは、TPS導入の効果もあって非常に高い経常利益率(10〜40%)を出している企業が多いことです。
専門および得意な分野・研究
TPSを基本とした現場改善全般、ヒューマンエラー、ポカミス・ポカヨケ、からくりを使った簡易自働化、段取り替え改善、工場レイアウト変更、1個流し・U字ライン、現場観察など。
キャッチフレーズは、“見えないコトを見えるようにする現場改善コンサルタント”です。
どんな現場もすぐに笑顔とともに現場の人たちが、楽しく改善を進めることができるモチベーションアップをかけられることです。ユーモア精神たっぷりで、楽しく現場改善やセミナーをやっています。
本テーマ関連学協会での活動
鳥取県労働商工部、全国のセミナー会社
執筆
・絵とき ポカミス撲滅大全 監修 日刊工業新聞社
・絵とき 簡便自働化 監修 日刊工業新聞社
・日本の製造業を立て直す「超ものづくり経営」共著 日経BP
・2002年から日刊工業新聞社様の各月刊誌に「機械設計」など16年間連続して、自らイラストを描き写真も撮ってコラムやエッセイを掲載中。現在は、「工場管理」で「ヨーロッパ発 虫の眼・魚の眼・鳥の眼」を連載中です。
・人間力向上のヒント「企業家精神」は、2000年から毎月発行中。HPでも紹介しています。
・「企業家精神」(12年間連載の約1400の格言を編さん)。
現場の問題の9割は人間関係にありますが、「がんばれ上司、現場改善の応援コラム」で上司の方々に職場の問題解決のヒント89話を紹介。

セミナー受講料

1名47,300円(税込、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

セミナー趣旨

会社に来てやることを要約しますと、たったの2つです。1つは価値向上で、2つは原価低減です。売価を上げることはできませんが、利益を確保し増益のためには原価低減の取り組みが不可欠です。不良や手直しをゼロにすると、売上を上げなくとも利益は2倍にもなります。それくらい不良や手直しのムダやロスが多く潜んでいます。不良や手直しがなくならない理由は、ヒューマンエラーが発生する原因対策をしていないからです。これを撲滅するには、ツールや手法だけでなく、製造や工場、品質管理の新しいマネジメントスタイルが重要となってきます。

受講対象・レベル

・ヒューマンエラーの発生で困っておられる工場の管理監督者
・ヒューマンエラーの具体的な対策に悩んでおられる現場のリーダーや班長
・ヒューマンエラーの原因や対策の立て方を知りたい方
・社内教育担当者、社内安全衛生担当者 など

習得できる知識

・ヒューマンエラー(ポカミス)の発生の根源が見えてきます。
・ヒューマンエラーの撲滅の考え方・進め方のヒントが見えてきます。
・ポカヨケの対策の実例が多くの写真で紹介しますので、すぐに実行できるようになります。
・工場におけるマネジメントの取り組みの大切さに気づかされます。
・誰でも簡単に問題が、20件以上発見できるツールも紹介します(テキストに添付します)。

セミナープログラム

1.会社に来てやることはたったの2つ
 1)会社の目的は?
 2)原価低減と価値向上
 3)この2つを実行するには?

2.ヒューマンエラーとは?
 1)ヒューマンエラー(ポカミス)とは?定義とエラー、ミス、失敗について
 2)ヒューマンエラーを分析するのはムダ?
 3)ヒューマンエラーの99%は?
 4)ヒューマンエラーをすぐに、しかも簡単になくすヒント
 5)ユニバーサルデザインの大切さ

3.今までのヒューマンエラーの取り組み
 1)今までの多くの失敗事例
 2)本質の問題は、規律にあると考えます

4.これからのヒューマンエラー撲滅の考え方
 1)安全で働きやすい職場づくり
 2)作業環境の整備の考え方
 3)社員を安全活動に巻き込む
 4)安全確保が品質向上、生産性向上になる
 5)フィロソフィの共有化

5.ヒューマンエラー撲滅の進め方
 1)ヒューマンエラーの防止策、大事故にならない方法
 2)ハインリッヒの法則からみえること<100−1=0?100−0=200?>
 3)災害ゼロに取り組む姿勢、まずは3Sから始める
 4)ポカヨケ(注意式+規制式)の紹介と導入
 5)ポカミス対策と標準作業の関係

6)工場マネジメントの取り組み
 1)会社の財産である社員をもっと活かす
 2)マネジメントとは?
 3)新しいマネジメントスタイルとは?
 4)教えるのではなく、気づかせる大切さ
 5)規律を高めることが、ポカミスや災害を防ぐ

7.すぐにできるポカヨケ【写真による事例紹介】
 1)5S+表示標識でできるポカヨケ
 2)動作の4原則で行うポカヨケ
 3)セット化・キット化で行うポカヨケ
 4)ポカミスの真因追及のチェックリスト
 5)ポカヨケの具体的事例とコメント

8.気づかなかった問題がすぐに発見できる「観察の仕方」
 1)テキストを基にやさしく、しかも、目からウロコ的なやり方を紹介します
 【誰でも1時間で20件以上の気づきや問題点を発見できるやり方です】

<終了後、質疑応答>