デザインレビュー(DR)の製品開発への活かし方と品質トラブルの未然防止への応用 〜演習付〜

〜 デザインレビューの仕組みと方法、FMEA/実験計画法/品質工学/DRBFMなどのDRに有効なツールの概要、リスクアセスメントのポイント 〜


・新製品開発リスクに耐えうるDRシステムを解説する講座


・DRと品質リスクマネジメントを融合させた「重大事故未然防止」策や実験計画法、品質工学を適用した「品質トラブル未然防止」策について分かりやすく解説する特別セミナー!  


講師の言葉


 デザインレビュー(DR)制度を運用していながら、品質トラブルとリコールはなくならない。とりわけ既設のDR項目をすり抜けたリコール事例を散見する。一般的なDR制度とツールの有用性と限界を認識した上で、新製品開発リスクに耐えうるDRシステムを解説します。特に品質リスクアセスメントと融合することによる重大事故未然防止と実験計画法&品質工学の適用による品質トラブル未然防止を、DRの各社事例紹介によって提案・説明します。


【セミナープログラム】


1.なぜ品質トラブルはなくならないのか?
  (1).「made in JPN 品質」と「リコール」
  (2).「品質管理QC」と「品質保証QA」の違い
  (3).DR(デザインレビュー)は開発設計品質向上の仕組み
  (4).品質リスクマネジメントを上乗せしてDRにメリハリを!

2.DR(デザインレビュー)の役割と進め方
  (1).一般的なDR制度設計
  (2).DRを担う技術者と品質リテラシー
  (3).黙示仕様明文化と無意識管理仕様化
  (4).DR実行要素と新製品開発

3.DRに有効なツール紹介
  (1).フィードバック/フィードフォワードとDR
  (2).標準化・チェックリストと拡張性開発
  (3).FTAとFMEA
  (4).あいまい領域現象と揮発性故障
  (5).実験計画法と品質工学
  (6).DRBFM概要
  (7).DR効果の検証例

4.品質トラブルを未然防止する方法
  (1).製品事故(リコール)事例
  (2).製品安全と本質安全
  (3).R-Mapリスクアセスメント
  (4).安全DR=リスクアセスメント
  (5).リスクアセスメントのポイント
  (6).評価に実験計画法を、開発に品質工学を

5.DR事例演習
    ・フィードフォワード開発商品の例

6.DRの事例と実際
  (1).リスク承知の開発商品の場合
  (2).変更点・変化点を伴う商品開発の場合
  (3).使用環境が未知・厳しい適用商品の場合
  (4).実験計画法でロバスト確保する開発&DR

講師のプロフィール

遠山 純夫

ものづくり企業の経営・技術課題をワンストップで解決・支援します。商品開発・工場経営革新・海外進出はもとより、知財・販路開拓・M&Aまでコンサルファームによる総合的支援を行います。

遠山 純夫

専門家専門家A とおやま すみお / 埼玉県 / 遠山コンサルオフィス

ものづくり一筋38年の業務+コンサル経験から、商品開発(商品企画・技術開発・品質工学・商品化プロセス・デザインレビュー・安全工学)や工場経営革新(カイゼン・生産管理・サプライチェーン・採算性改善・品質マネジメント)、海外進出(F/S・工場…続きを読む

エンジニアのための役立つ情報サイト
月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。