初心者向けセミナーです 新任担当者のための『労務監査』のすすめ方

初めて『労務監査』を担当する方に、業務のイロハを平易に解説!

セミナー講師

社会保険労務士法人ヒューマン・プライム 特定社会保険労務士 内部監査士 森克義 氏

東証一部上場企業2社(製造業、非製造業)及びそのグループ会社で、企業内社労士として労働問題や人事制度設計などの人事・労務全般に従事。また、内部監査士として「労務監査」を企画・推進した実績を持つ。2020年より社会保険労務士法人ヒューマン・プライムに参画し、人事・労務コンサルタントとして、研修講師や労務相談などを手掛ける。

セミナー受講料

会員 41,800円(本体 38,000円)
一般 46,200円(本体 42,000円)

※会員価格適用については、企業研究会会員が対象となります。
(所属先の会員登録有無がわからない場合、
お申込みの際に備考欄へ「会員登録確認希望」とご記入ください。)
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

受講対象・レベル

監査部門、人事部門、総務部門など関連部門の新任ご担当者

セミナープログラム

1.労務監査のポイント
 (1)労務監査の必要性と背景
 (2)労働基準監督署の調査
 (3)関連する労働関連法令
 (4)労務監査の実例

2.労務監査の実施手順
 (1)労務監査の目的
 (2)監査の実施ステップ
 (3)労務監査の範囲
 (4)準備する資料等
 (5)事後対応・改善提案

3.労務監査の具体的進め方と各項目のチェックポイント
 (1)労働時間管理
 (2)就業規則
 (3)賃金管理
 (4)退職・解雇
 (5)募集・採用
 (6)配置・異動
 (7)評価・教育制度
 (8)安全衛生
 (9)労働契約
 (10)法定帳簿・労使協定
 (11)社会保険
 (12)短時間・有期契約労働者

4.監査後の対応方法と改善のすすめ方
 (1)表面化した問題点・リスクの分類
 (2)評価区分と評価ランク