液中・気中パーティクルカウンタを用いた計測技術と活用ノウハウ


微粒子管理にパーティクルカウンターを使いこなそう!


★ 測定原理から使用上の注意点までを半日速習。
★ 清浄度の高い空間や純度の高い液体を扱う方にお勧めのセミナーです。



講師


スペクトリス(株) アプリケーションマネージャー 加藤 和年 氏
スペクトリス(株) シニアセールスマネージャー 竹下 光教 氏


受講料


43,200円 ( S&T会員受講料 41,040円 )
(まだS&T会員未登録の方は、申込みフォームの通信欄に「会員登録情報希望」と記入してください。詳しい情報を送付します。ご登録いただくと、今回から会員受講料が適用可能です。)


【キャンペーン!2名同時申込みで1名分無料(1名あたり定価半額の21,600円 )】
※2名様ともS&T会員登録をしていただいた場合に限ります。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
※3名様以上のお申込みの場合、上記1名あたりの金額で追加受講できます。
※受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
※請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
 (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
※他の割引は併用できません。


趣旨


 クリーンルーム内の維持管理や超純水および薬液に含まれる不溶性微粒子を測定する際に、気中および液中パーティクルカウンタを利用するのは、非常に有効な手段ですが、装置の動作原理および測定の際の注意点を理解することで、より効果的な運用を行うことが出来ます。
 本セミナーでは気中および液中パーティクルカウンタの動作原理および注意点等を解説いたします。


プログラム


1.パーティクルについて
 1.1 球体の等価測定
 1.2 粒子径の同定
 1.3 光の散乱
 1.4 粒径分布

2.光学パーティクルカウンタについて
 2.1 気中パーティクルカウンタの原理
 2.2 気中粒子の動き
 2.3 粒子搬送損失のメカニズム
 2.4 液中パーティクルカウンタの原理
 2.5 光遮蔽式パーティクルカウンタについて
 2.6 光散乱式パーティクルカウンタについて
 2.7 測定方法の違いについて
 2.8 全量測定方式
 2.9 部分測定方式
 2.10 全量測定方式の製品群について
 2.11 部分測定方式の製品群について
 2.12 パーティクルカウンタの検出限界

3.装置校正について
 3.1 光散乱式粒子計数器の原理
 3.2 ISO21501 要求事項

 □ 質疑応答・名刺交換 □


月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
エンジニアのための役立つ情報サイト