EV(電気自動車)充電技術の基礎から急速・ワイヤレス・走行中給電などの最新技術動向と課題

○EV本格普及のカギとなる「充電技術」の全体像を解説!
○急速・ワイヤレス給電・走行中給電など各種充電技術の概要や規格、最新動向から課題と対策まで。
○また上記、充電技術技術に取って代わる可能性があるバッテリースワッピング技術も取り上げます。

セミナー趣旨

  カーボンニュートラルを実現し、地球温暖化を食い止めることが人類共通の喫緊の課題で、そのために欧米や中国を中心として世界中でガソリン車からEVへのシフトが本格化しています。EVが本格普及するカギは充電設備の拡充で、日本政府は急速充電スタンドの拡充を後押しするために充電インフラ整備への補助金を出して、現在7,700基しかない急速充電スタンドを2030年までに3万基以上にする目標を発表しています。本講演では急速充電やワイヤレス給電、走行中給電などの各種充電技術の現状、最新動向、課題と現在検討されている対策を解説し、さらにこれらの充電技術に取って代わる可能性を秘めているバッテリースワッピングなどの技術を紹介します。

受講対象・レベル

このテーマに興味のある方なら、どなたでも受講可能です。

必要な予備知識

この分野に興味のある方なら、特に予備知識は必要ありません。

習得できる知識

・電気自動車の現状と課題に関する基礎知識
・急速充電の構成および規格に関する基礎知識
・ワイヤレス給電および走行中給電に関する基礎知識
・バッテリースワッピングの現状と課題に関する基礎知識
   など

セミナープログラム

1.EV(電気自動車)の現状
 1)各国のEV普及率
 2)各国やOEMの電動化政策
 3)航続距離とバッテリー容量の関係
2.急速充電技術の最新動向と課題
 1)国内公共充電設備台数推移と課題
 2)国内外の主な急速充電規格の概要
  a)CHAdeMO規格
  b)CCS規格
  c)ChaoJi規格
 3)急速充電の高出力化のための液冷技術
 4)双方向充電のための回路技術
3.自動車におけるワイヤレス給電技術の最新動向と課題
 1)各種車両用ワイレス給電の概要
  a)電磁誘導方式
  b)磁界共鳴方式
  c)静電結合方式
 2)SAE J2954規格の概要
  a)システム構成
  b)力率補償技術
  c)放射磁界のガイドライン
 3)異物検知技術
 4)双方向ワイヤレス給電技術
4.自動車における走行中給電技術の最新動向と課題
 1)接触式走行中給電の概要
 2)走行中ワイヤレス給電の概要
  a)電磁誘導方式
  b)インホイール方式
  c)静電結合方式
 3)走行中給電の互換性に関する問題
5.バッテリースワッピング技術の最新動向と課題
 1)バッテリースワッピングの復活
 2)ビジネスとしての成功例
 3)バッテリースワッピングの技術課題
6.まとめと今後の展望
<質疑応答>


*途中、小休憩を挟みます。

セミナー講師

 クライソン トロンナムチャイ 先生   神奈川工科大学 創造工学部 自動車システム開発工学科 教授
 技術士(電気電子部門、総合技術監理部門)

■講師紹介
1986年、東京大学大学院工学系研究科電子工学博士課程修了。工学博士。同年、日産自動車株式会社入社。
パワーエレクトロニクスやセンサ、高周波回路技術などの自動車への応用研究に従事。
2018年、日産自動車株式会社退社。
同年、神奈川工科大学創造工学部自動車システム開発工学科の教授に就任。現在に至る。
ソフトウェア開発技術者、第一級陸上無線技術士などの国家資格を保有。
自動車技術会車載用パワーエレクトロニクス技術部門委員会や
ワイヤレス給電システム技術部門委員会の委員などを務める。
2009年に精密工学会画像応用技術専門委員会第15回小笠原賞、
2013年に電気学会産業応用部門論文賞をそれぞれ受賞。
■主な著書
「ワイヤレス給電技術入門」(共著、2017年、日刊工業新聞社)
「トコトンやさしい自動運転の本(第2版)」(単著、2022年、日刊工業新聞社)
「自動車用パワーエレクトロニクス-基盤技術から電気自動車での実践まで-」(単著、2022年、科学情報出版株式会社)

セミナー受講料

【オンライン受講:見逃し視聴なし】 1名36,300円(税込(消費税10%)、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき25,300円

【オンライン受講:見逃し視聴あり】 1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円

*学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

受講について

※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

配布資料・講師への質問等について

  • 配布資料は、印刷物を郵送で送付致します。
    お申込の際はお受け取り可能な住所をご記入ください。
    お申込みは4営業日前までを推奨します。
    それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
    テキスト到着がセミナー後になる可能性がございます。
  • 当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
    (全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
  • 本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、
    無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

下記ご確認の上、お申込み下さい

  • PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
  • ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbps以上の回線をご用意下さい)。
    各ご利用ツール別の動作確認の上、お申し込み下さい。
  • 開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。

Zoomを使用したオンラインセミナーとなります

  • ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
    お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
    確認はこちら
    ※Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
  • Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です。
    ※一部のブラウザは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります。
     必ずテストサイトからチェック下さい。
     対応ブラウザーについて(公式) ;
     「コンピューターのオーディオに参加」に対応してないものは音声が聞こえません。

申込み時に(見逃し視聴有り)を選択された方は、見逃し視聴が可能です

  • 開催5営業日以内に録画動画の配信を行います(一部、編集加工します)。
  • 視聴可能期間は配信開始から1週間です。
    セミナーを復習したい方、当日の受講が難しい方、期間内であれば動画を何度も視聴できます。
    尚、閲覧用のURLはメールにてご連絡致します。
    ※万一、見逃し視聴の提供ができなくなった場合、
    (見逃し視聴有り)の方の受講料は(見逃し視聴無し)の受講料に準じますので、ご了承下さい。
    こちらから問題なく視聴できるかご確認下さい(テスト視聴動画へ)パスワード「123456」

関連記事

もっと見る