不良や事故を二度と起こさせないために…
改善策を基本から指導!

FTAは、作成しただけでは成果は出ません。きちんと理解して活用する必要があります。
この講義で、基礎から事例を交えて改善策を学び、実際の業務に即、結び付けましょう!

セミナー趣旨

 FTA(Fault Tree Analysis)は不良の木といわれ、事故や不良が起きた時に作成している企業が多いでしょう。けれど、不具合事象の発生後に、原因調査のためだけに行うのはもったいないことです。ただ作成しただけでは成果がでません。再利用する、再利用できる環境にすることが重要であり、不良や事故が起こらないように再発防止に活用することです。FMEA(故障モード影響解析)を使っている企業も多いと思われますが、FTAとの使い分けこそ大事です。FMEAの重点化、効率化のためにも、きちんとFTAを理解することが重要になっています。
 本講座では、FTAのあるべき姿、効果的な作成や活用法、そして、未然防止活動との関連を含めて解説します。是非ご受講下さい!

■セミナーのポイント

  • 不良や事故が再発しないよう、FTAの効果的な作成法や活用法を基礎から解説
  • 製品企画、設計開発、試作・製造、生産技術、設備、品質保証に関係する技術者、管理者などに向け、さまざまな事例を紹介し、演習を通じて改善策を指導
  • FTAと未然防止活動との関連性、本来の未然防止や区分、効率的な実施時期、ロスコスト削減などのポイント
  • FTAとFMEA・DRBFMとの関連や使い分けのポイント
  • FTAの前後や有効な道具、技法など、FTAの基本的な進め方のポイント

受講対象・レベル

  • 製品企画、設計開発、試作・製造、生産技術、設備、品質保証に関係する技術者、管理者
  • 特に事故や不良、故障等の再発防止対応に苦慮されている方
  • FMEA・DRBFMとの関連、使い分けを理解したい方
  • 未然防止を推進したい、ロスコストを減らしたい方

セミナープログラム

  1. FTAの考え方,未然防止活動とは
    1. 本来の未然防止とは
    2. 未然防止の3区分:問題解決・再発防止・故障予測
    3. 効率的な未然防止の実施時期とは
  2. FTAの基本的な進め方
    1. FTAの前後
    2. 有効な道具:信頼性ブロック図,品質表
    3. 有効な技法:QC7つ道具,なぜなぜ分析,比較分析法
  3. 事例紹介
    1. デザインレビューでのFTAの展開事例(FMEAを含めた展開)
    2. FTAのExcel事例(セミナー後に配布可能)

◎ 質疑応答

セミナー講師

CS-HK代表・シニアコンサルタント 上條 仁 氏

1983年、日立製作所入社。パワーデバイスから自動車用半導体の設計開発から品質保証までを担当。ISO9001&ISO/TS16949(現IATF16949)認証対応、全社品質改善活動でQFDなどの普及を推進する。
2002年に退社し、CS-HKを設立。QFD、TRIZ、FMEA/DRBFM、FTA、DR、ISO9001などのコンサルタントとして活動中。

著書:
 本気で取り組むFMEA(日刊工業新聞社)、
 本当に役立つTRIZ(日刊工業新聞社・共著)

セミナー受講料

21,500円(消費税込)※テキスト代を含みます。


関連記事

もっと見る