セミナー趣旨

 近年,テラヘルツ波と呼ばれる約0.3~10THz(波長1mm~30μm)の電磁周波数帯の光源開発とその応用開拓が急速に進んでいます.この帯域は電波と光波の中間に位置しており,電波のように紙,プラスチック,ビニール,繊維,半導体,粉体など種々の物質を透過すると共に,光波のようにレンズやミラーで空間を自在に取り回すことができます.また,ミリ波に比べて波長が短いため,多くのイメージング用途にとって必要十分な空間分解能を有しています.さらに,ビタミンや糖,医薬品,禁止薬物などの試薬類に固有の吸収スペクトルがテラヘルツ帯で見出され,その分光応用可能性が広がりつつあります.我々は、非線形光学効果を用いた新型広帯域波長可変テラヘルツ光源/検出方式の開発、および、テラヘルツ分光/イメージングの応用開発を精力的に進めており、国際的に高く評価されています。それらの幅広いテラヘルツ技術と応用可能性に関して集中的に解説します。

受講対象・レベル

 テラヘルツ工学の将来可能性に興味をお持ちの方(必要な予備知識;大学初年度程度の物理的知識)

習得できる知識

 ・テラヘルツ波の特性に関する基礎的知識・テラヘルツ波の発生・検出技術に関する基礎的知識・世界をリードする名古屋大/理研のテラヘルツ技術・テラヘルツ波の産業応用可能性に関する基礎的知識

セミナープログラム

1. テラヘルツ波の基礎技術
 ・ テラヘルツイメージング例
 ・ テラヘルツ波の特長
 ・ THz-TDS(時間領域分光法)
 ・ 様々なテラヘルツ光源
 ・ 黒体輻射とインチキテラヘルツ健康グッズ
 ・ 様々なテラヘルツ検出器
 ・ テラヘルツ帯の光学素子
 ・ メタルメッシュエタロンによる波長、線幅計測
 ・ ワイヤーグリッドによる偏光特性計測
  
2. テラヘルツパラメトリック光源
 ・ 光注入型テラヘルツパラメトリック発生器(is-TPG)
 ・ μチップレーザー励起テラヘルツ光源
 ・ 新型(is-TPG)超高輝度テラヘルツ発生と検出
  
3. テラヘルツ分光・イメージング
3-1 安全安心への応用展開
 ・ 液体小袋のマイクロリーク検出
 ・ テラヘルツ波の散乱強度による粉体検出
 ・ 郵便物スクリーニング装置
 ・ 薬物の透視に最適な周波数帯
 ・ テラヘルツ帯の分子スペクトルの特徴
 ・ 種々の試薬類の指紋スペクトル
 ・ 封筒や衣服などに隠匿された試薬の分光
 ・ is-TPGとTHz時間領域分光の検出能力比較
 ・ 多波長発生/ワンショット分光
 ・ リアルタイム分光の高安定化
3-2 テラヘルツ分光/イメージングシステム
 ・ 試薬類の主成分分析
 ・ 混合サンプルの識別
 ・ TDSを用いたテラヘルツ分光イメージング
 ・ is-TPGを用いたテラヘルツ分光イメージング
 ・ テラヘルツ3D-CTシステム
 ・ エンジンフィルター内のススの3D-CTイメージング
 ・ 各種製品のテラヘルツ3D-CT
3-3 テラヘルツトモグラフィによる断層画像計測
 ・ ファイバレーザ励起小型テラヘルツトモグラフィシステム
 ・ DAST結晶を用いた超短パルスTHz波発生
 ・ 車の塗装膜等のトモグラフィー観察例
  
4. 種々のテラヘルツセンシング・イメージング技術
 ・ テラヘルツ波の干渉を用いた超高感度イメージング
 ・ Si導波路からのエバネッセント波を用いたセンシング
 ・ 光によるテラヘルツ波変調の可能性
 ・ レーザーTHz放射顕微鏡
 ・ 青果物の非破壊・非侵襲評価
 ・ 植物工場における潅水の最適化
 ・ 凍結解凍サイクルの最適化
 ・ ミリ波を用いた簡易計測
 ・ テラヘルツスキャナーによるインライン検査


※ 適宜休憩が入ります。

セミナー講師

 川瀬 晃道 氏  名古屋大学 大学院 工学研究科 電気工学専攻 教授

【講師経歴】
 1989年 京都大学 工学部 電子工学科卒
 1996年 東北大学 博士課程修了
 2001年 理化学研究所 独立主幹研究員
 2004年 東北大学 農学研究科寄附講座 教授
 2005年 名古屋大学 工学研究科 教授

【活動内容】
 テラヘルツ波工学の応用可能性探求

セミナー受講料

44,000円(税込)  

* 資料付
*メルマガ登録者39,600円(税込)
*アカデミック価格26,400円(税込)

★メルマガ会員特典
2名以上同時申込で申込者全員メルマガ会員登録をしていただいた場合、
1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額となります。

★ アカデミック価格
学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、
大学院の教員、学生に限ります。申込みフォームに所属大学・大学院を記入のうえ、
備考欄に「アカデミック価格希望」と記入してください。

受講について

  • 本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
    お申し込み前に、下記リンクから視聴環境をご確認ください。
     → https://zoom.us/test
  • 当日はリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
  • タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
  • お手元のPC等にカメラ、マイク等がなくてもご視聴いただけます。この場合、音声での質問はできませんが、チャット機能、Q&A機能はご利用いただけます。
  • ただし、セミナー中の質問形式や講師との個別のやり取りは講師の判断によります。ご了承ください。
  • 「Zoom」についてはこちらをご参照ください。

■ お申し込み後の流れ

  • 開催前日までに、ウェビナー事前登録用のメールをお送りいたします。お手数ですがお名前とメールアドレスのご登録をお願いいたします。
  • 事前登録完了後、ウェビナー参加用URLをお送りいたします。
  • セミナー開催日時に、参加用URLよりログインいただき、ご視聴ください。
  • 講師に了解を得た場合には資料をPDFで配布いたしますが、参加者のみのご利用に限定いたします。他の方への転送、WEBへの掲載などは固く禁じます。
  • 資料を冊子で配布する場合は、事前にご登録のご住所に発送いたします。開催日時に間に合わない場合には、後日お送りするなどの方法で対応いたします。

関連記事

もっと見る