破断面の取り扱い方、肉眼と電子顕微鏡で観察した時の様子、故障までにかかっていた荷重などの推定、破損原因を特定する事例など詳解!

セミナー趣旨

 製品、工具などが破損もしくは損傷したとき、「なぜ壊れたのか?」という原因を調べて改善をすることは、とても大切なことです。しかし、壊れた物から原因の推定するためには、ある程度の知識と経験が必要となってきます。
 このセミナーでは、このような知識と経験が無い方向けに、金属の壊れた部分 (破断面) の解析の仕方について説明をいたします。セミナーの内容は、はじめに解析で守るべき破断面の取り扱い方、解析に使用する機器について説明します。
 次に肉眼で見たときの破面の解析の仕方、電子顕微鏡で見たときの破面の様子について説明します。また、破断面から応力等を推定する方法、破断面とディープラーニングの関係について説明します。最後に、破断面から破損原因を特定する事例の紹介をいたします。
 特にこれから損傷調査を始めようとする方に、わかりやすく解説することを心がけております。多くの方の参加をお待ちしております。

習得できる知識

1:フラクトグラフィの基礎
2:破断面の採取から肉眼観察による破損原因の推定法
3:ミクロ観察による応力などの推定

セミナープログラム

1. フラクトグラフィ概論
 1-1.はじめに
 1-2.解析機器
 1-3.破断面の取り扱い
  1-3-1. 破損部の特徴の把握
  1-3-2. 破断面の保護
  1-3-3. 破断面の洗浄

2.マクロ破断面の典型的な例
 2-1.マクロ破断面の解釈の仕方
 2-2.破壊メカニズムごとの典型的なマクロ破断面例の紹介
  ・脆性・延性・疲労・環境
 2-3.マクロ破断面の解析事例紹介

3.ミクロ破断面の典型的な例
 3-1.ミクロ破断面の解釈の仕方
 3-2.破壊メカニズムごとの典型的なミクロ破断面例の紹介

4.フラクトグラフィを破壊力学を用いた破面解析法
 4-1.破面からの応力推定
 4-2.破面からの荷重繰り返し数の推定
 4-3.破面解析とディープラーニング

5.破損事故解析例
 5-1.チェーンの疲労破断面
 5-2.アウトリガーボルトの疲労破壊
 5-3.減速機の疲労破壊
  ・他事例


スケジュール
昼食の休憩時間12:00~12:45を予定しております。
※進行によって、多少前後する可能性がございます。
※質問は随時チャット形式で受け付けます。また音声でも可能です。


フラクトグラフィ,破断面,破面,洗浄,破壊,メカニズム,解析法,研修,WEB,セミナー

セミナー講師

独立行政法人 労働安全衛生総合研究所 機械システム安全研究グループ
主任研究員 山際 謙太 氏

セミナー受講料

55,000円(税込、資料付)
■ セミナー主催者からの会員登録をしていただいた場合、1名で申込の場合46,200円、
  2名同時申込の場合計55,000円(2人目無料:1名あたり27,500円)で受講できます。
(セミナーのお申し込みと同時に会員登録をさせていただきますので、
   今回の受講料から会員価格を適用いたします。)
※ 会員登録とは
  ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
  すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。
  メールまたは郵送でのご案内となります。
  郵送での案内をご希望の方は、備考欄に【郵送案内希望】とご記入ください。

受講について

Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順

  1. Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントをダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
  2. セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。
  3. 開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加ください。
  • セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
  • 無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。
  • 受講にはWindowsPCを推奨しております。
    タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。

関連記事

もっと見る
  • 圧延とは

      厚みを薄くする圧延ですが、圧延材に発生する欠陥などを中心に、今回は圧延の概要を解説します。   1.  冷間圧...
  • 磁性体と磁気をわかりやすく解説

        1.磁性体とは その材質に外部から磁界をかけたとき、材質内部が強く磁化する、つまり強く磁気を帯びるとき、その材質を強磁性...