高分子の架橋反応・メカニズムと構造・特性の制御・評価技術<会場開催セミナー>

塗料・ゴム・エラストマー等の構造・特性を左右する、架橋反応をしっかり理解!

セミナー趣旨

  高分子は未架橋高分子と架橋型高分子に分けられる。
  架橋型高分子には熱、光、放射線等により架橋される多くの高分子、熱(光)硬化性樹脂、ゴム、エラストマー、ヒドロゲルなどがあり、多様性に富んでいる。
  ここでは、高分子の架橋反応とそのメカニズムについての基礎、および構造、物性について概説すると共に、架橋密度の評価技術および物性制御について解説します。
  また、近年、注目されている新しい特殊架橋反応についても紹介します。

受講対象・レベル

・高分子材料、塗料(塗膜)、ゲル材料などの合成、加工、分析に携わっている方
・高分子の架橋でお困りの方。高分子の物性制御でお困りの方
   など

習得できる知識

・高分子架橋反応の基礎-架橋反応の種類と架橋理論
・多様な高分子架橋材料とその特性
・架橋密度評価および物性制御
 など

セミナープログラム

1.高分子の架橋反応とメカニズム
 (1)三次元網目の形成理論

   A.三次元網目形成(ゲル化)
   B.網目形成による物性変化
 (2)架橋反応と架橋構造
   A.化学架橋
     ・共有結合
   B.物理架橋
     ・水素結合
     ・イオン結合
     ・ヘリックス
     他
   C.特殊架橋
     ・可逆的架橋
     ・可動型架橋
     ・クレイ架橋
     他
 (3)架橋高分子材料の種類とその特性
    A.化学架橋により得られる高分子材料
     ・熱硬化性樹脂
     ・光硬化性樹脂
     ・放射線/プラズマ架橋樹脂
     ・高分子ゲル
    B.加硫により得られる高分子材料
     ・ゴム(加硫、シラン架橋)
   C.物理架橋により得られる高分子材料
     ・熱可塑性エラストマー
     ・高分子ゲル
 (4)高分子における特殊架橋反応
     ・可逆的架橋反応
     ・分子認識型架橋
     ・動的架橋
     ・可動性架橋-ロタキサン結合-
     ・無機クレイ架橋
     ・その他
2.架橋構造・架橋密度の測定・評価法
 (1)流動性測定

     ・メルトフロー
 (2)力学測定
     ・動的粘弾性
     ・延伸・圧縮試験
 (3)膨潤度測定
     ・膨潤試験
     ・膨潤に影響する因子
 (4)熱分析・他
     ・DSC測定(ガラス転移温度)
     ・パルス法NMR
3.架橋高分子の物性制御法
 (1)耐熱性
 (2)機械的性質
 (3)光学的性質
 (4)表面物性

<質疑応答>

セミナー講師

 原口 和敏 先生   日本大学 生産工学部 応用分子化学科 客員教授 工学博士 

セミナー受講料

1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
*学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

受講について

  • 感染拡大防止対策にご協力下さい。
  • セミナー会場での現金支払いを休止しております。
  • 新型コロナウイルスの感染防止の一環として当面の間、昼食の提供サービスは中止させて頂きます。
  • 配布資料は、当日セミナー会場でのお渡しとなります。
  • 希望者は講師との名刺交換が可能です。
  • 録音・録画行為は固くお断り致します。
  • 講義中の携帯電話の使用はご遠慮下さい。
  • 講義中のパソコン使用は、講義の支障や他の方の迷惑となる場合がありますので、極力お控え下さい。
    場合により、使用をお断りすることがございますので、予めご了承下さい。(*PC実習講座を除きます。)

関連記事

もっと見る
  • 2分でわかるイオン交換樹脂の基礎

      地下水のようなイオンを含んだ水を陰イオン交換樹脂と陽イオン交換樹脂に通すと、水の中の両イオンは、イオン交換樹脂によって除去され、イオン...
  • 押出成形とは

      今回は、断面が一定の形をしたプラスチック成型品を連続的に成形する押出成形の概要を解説します。   1.押出成形とは &...