コロナ時代における設備投資で着実に成果を上げる5つのポイント

投資効率の高い設備投資のやり方を、設備企画構想の専門家が詳解!!

セミナー趣旨

連日のように新型コロナの新規感染者が報道され、いつになったら終息するか分からない時代になっています。このような時代におけるモノづくりはどのようにしたらよいのかと悩まれている方々も多いのではないでしょうか?
一方でアフターコロナを目指した製造業の増産対応も活発になってきています。そして、さらなる生産性向上も求められています。
そこで、新型コロナ対策と生産性向上の両立を狙った工場とは「省人化・無人化を目指した設備」を考えていくことでしょう。ただ、無人化といっても投資採算性を無視した投資は現実的ではありません。着実に成果の上がる設備投資をしなければなりません。
そこで、次のような検討が必要です。

・工場の目指すべき方向の明確化(生産システムコンセプト、設備コンセプト)
・生産性の向上(現状の改善の進め方)
・ライン編成、マン・マシン編成、ラインレイアウトの検討(改善案の全体構想)
・さらなる成果確保のための生産設備の目指すべき姿・性能(設備の企画構想)
・生産設備メーカーへの要件のまとめ方と進め方

投資効率の高い設備投資はこのような幅広い検討を必要としていますが、なかなか自社で体系的な知識・経験を持たれる方は少ないのではないでしょうか。
そこで上記の内容を理解していただくよう、体系的に学ぶことが出来るセミナーを開講いたします。生産技術、製造、設備設計者、保全など生産設備に関わる部門の方々へ向けて、設備企画構想の専門家が詳しく解説いたします。

セミナープログラム

はじめに

I.生産システムの確認・企画
 1.事業・生産前提・制約の確認
 2.生産システムコンセプトの設定
 3.内外製基準と内外製範囲の設定
 4.設備と製品の流し方に注目したライン編成
 5.編成の検討:GTショップの作り方

II.目指すべき製品のコスト構成と投資可能額の設定
 1.製品コスト目標設定の考え方
 2.コスト目標の設定

III.コスト目標から必要な人員、設備台数、サイクルタイムの設定
 1.生産性の考え方、改善の進め方
 2.編成の進め方
 3.生産性の視点から新規設備で目指したい姿(目標)の設定
 4.設備台数と人員数の算出(新規設備導入後の編成)
 5.工程間の設備の負荷バランス検討(新規設備導入後)
 6.工程間の人の負荷バランス検討(新規設備導入後)
 7.マン・マシン編成の確認(新規設備導入後)
 8.工程編成イメージのまとめ(新規設備導入後)
 9.構内物流システムの検討(新規設備導入後)
 10.バランス調整後のレイアウト検討(新規設備導入後)
 11.生産情報システムの検討(新規設備導入後)

IV.設備の機能・方式・条件・仕様の検討
 1.設備企画の概要
 2.設備コンセプト
 3.設備企画に必要な機能・条件の捉え方と設備構想

V.設備メーカーへの要求仕様のまとめ(設備企画書の作成)

おわりに

セミナー講師

日本ビジネスブレーン株式会社 代表取締役 佐々木 伸 氏

セミナー受講料

33,000円(消費税込)※テキスト代を含みます。


関連記事

もっと見る