塗布膜乾燥工程における構造形成プロセスを解説!

~レオロジー評価から塗布・乾燥技術まで~ 

セミナー趣旨

リチウムイオン二次電池や燃料電池の作製において,電極や触媒膜の作製方法はどうしても経験に頼ることが多くなります.
 ただし、スラリー作製~塗布~乾燥プロセスにかかわる、レオロジー・粒子分散・塗布膜乾燥等の基礎理論をきちんと理解し作製することで、勘や経験に頼らず、安定した電極を効率的に作製することができるようになります。
 本講座では,塗布材料であるスラリー内部の粒子分散状態を理解するための基本的なレオロジー解析のみならず,それらの塗布膜乾燥工程における構造形成プロセスを解説し、実際のリチウムイオン二次電池の正極や負極、燃料電池電極膜への適用例を示しながら、効率的な電極の作製に役立つ基礎理論と実際の研究手法について講義します。

受講対象・レベル

電極作製に携わっている方・濃厚系スラリーの塗膜乾燥でお困りの方

習得できる知識

・スラリーのレオロジーデータの取得および評価方法
・適切な粒子分散操作の選定指針
・塗布膜乾燥過程の「見える化」手法

セミナープログラム

1.レオロジーを利用した粒子分散液の内部構造解析
  1.1 ニュートン流体と非ニュートン流体
  1.2 粒子の凝集・分散と粘度変化
  1.3 チクソトロピーモデルによる凝集状態の定量評価
  1.4 粒子濃度の影響
  1.5 粒子分散液の内部構造と粘弾性
  1.6 非線形粘弾性
2.レオロジーを指標としたスラリー内部構造評価
  2.1 粒子分散液のスピンコートプロセス
  2.2 沈降性粒子分散液の粘度測定と凝集評価
  2.3 燃料電池電極スラリー分散過程のレオロジー解析
  2.4 粘弾性を指標とした分散機の特性評価
  2.5 LiB負極スラリー分散過程の粘弾性解析
  2.6 LiB正極スラリー分散過程の粘弾性解析
3.粒子分散液塗布膜乾燥プロセスの評価手法
  3.1 塗布膜乾燥プロセス様々な評価手法
  3.2 膜厚変化を利用した乾燥過程の解析
  3.3 LiB正極スラリーの塗布膜乾燥過程
  3.4 ゲル化粒子分散液の粒子充填過程解析
  3.5 表面散乱を利用した表面構造変化の解析
  3.6 カンチレバー法を用いた乾燥中の応力変化測定
  3.7 応力変化に対する粒子凝集性の影響


塗工,塗布,分散,Li二次電池,調整,研修,オンライン,WEBセミナー

セミナー講師

神戸大学大学院 工学研究科 応用化学専攻 准教授 博士(工学)  菰田 悦之 氏

セミナー受講料

55,000円(税込、資料付)
■ セミナー主催者からの会員登録をしていただいた場合、1名で申込の場合49,500円、
  2名同時申込の場合計55,000円(2人目無料:1名あたり27,500円)で受講できます。
(セミナーのお申し込みと同時に会員登録をさせていただきますので、
   今回の受講料から会員価格を適用いたします。)
※ 会員登録とは
  ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
  すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。
  メールまたは郵送でのご案内となります。
  郵送での案内をご希望の方は、備考欄に【郵送案内希望】とご記入ください。

受講について

Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順

  1. Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントをダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
  2. セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。
  3. 開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加ください。
  • セミナー資料(PDF)は開催前日までにお送りいたします。
    ご自宅への送付を希望の方はコメント欄にご住所などをご記入ください。
    開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますことご了承下さい。
  • 無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

関連記事

もっと見る