スマートポリマー(刺激応答性ポリマー)の設計・物性制御とバイオ応用への技術展開

スマートポリマーの最新動向、再生医療・DDS・診断応用まで!
外部の刺激に応答してその性質を変化させるスマートポリマーのすべて


近年爆発的に研究が増加しているスマートポリマー。基礎から物性評価、応用まで幅広く解説!
スマートポリマー(刺激応答性ポリマー)でわからないことはこのセミナーで全部聴こう!

セミナー講師

(国研)物質・材料研究機構 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点
スマートポリマーグループ グループリーダー 荏原 充宏 氏
経歴・活動など
早稲田大学大学院理工学研究科にて博士号を取得(2004年)。米国ワシントン大学にて博士研究員を経て、2007年に大阪大学医学部附属病院の特任助教となる。2009年より現在の物質・材料研究機構(NIMS)に着任し、スマートポリマーを用いた“貼る癌治療”、“腕時計型透析システム”などの開発を手掛ける。また、ご当地ヒーロー「スマポレンジャー」の生みの親でもあり、TVや新聞にも多数取り上げられる。主な出演番組はTBS「夢の扉+」、NHK「おはよう日本」、テレビ朝日「やじうまTV!」、「革新のイズム」など。

セミナー受講料

44,000円( S&T会員受講料41,800円 )
(まだS&T会員未登録の方は、申込みフォームの通信欄に「会員登録情報希望」と記入してください。
詳しい情報を送付します。ご登録いただくと、今回から会員受講料が適用可能です。)
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料
2名で 44,000円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額22,000円)

【1名分無料適用条件】
※2名様ともS&T会員登録が必須です。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
※3名様以上のお申込みの場合、1名あたり定価半額で追加受講できます。
※受講券、請求書は、代表者に郵送いたします。
※請求書および領収証は1名様ごとに発行可能です。
 (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
※他の割引は併用できません。

セミナー趣旨

スマートポリマーとは、外部の刺激に応答してその性質を変化させるユニークなポリマーの総称で、温度応答性、pH応答性、光応答性などが知られている。IoTやAI、あるいはSociety 5.0といった国内外の動向に伴ってスマートポリマーに関する研究数は近年爆発的に増加している。本セミナーでは、スマートポリマーの基礎から物性評価、応用まで幅広く紹介する。

必要な予備知識

スマートポリマー(刺激応答性ポリマー)の歴史・分類、設計法や物性評価法、原理など。また医療応用例を紹介することで他分野への応用のヒントを得る。

セミナープログラム

1.スマートポリマー(刺激応答性ポリマー)の紹介
 1.1 分類
 1.2 歴史
 1.3 原理

2.スマートポリマー(刺激応答性ポリマー)の設計
 2.1 ポリマー合成
 2.2 ゲル
 2.3 粒子
 2.4 ファイバー
 2.5 表面

3.スマートポリマー(刺激応答性ポリマー)の応用
 3.1 再生医療
 3.2 DDS
 3.3 診断

  □質疑応答・名刺交換□