世界のBEV用バッテリーの2030年の展望と主要完成車・バッテリーメーカーの戦略

〜激しさを増す電動車市場におけるバッテリー争奪戦〜
世界電動車用バッテリーの生産・調達に関する完成車や
バッテリー主要各社の取り組み、業界の展望まで紹介。

セミナー趣旨

 欧州、米国、中国といった主要国・地域を中心に2025〜2030年をかけて環境規制の厳格化や主要先進国を中心に2050年を前後にカーボンニュートラルを目指すとしています。こうした中で、世界主要完成車メーカー各社は各国の政策に対応するために、既存ビジネス路線から一転して電動化を加速させるとし、中でもZEV対象車の投入拡大を活発化しています。
 完成車メーカー各社が発表した2030年までの電動車(BEV/PHEV)投入製品数(計画)をみると、少なくとも500モデル以上・3,000万台/年以上と推算されます。こうした各社の電動化実現の鍵となるのがバッテリーですが、2025年を前後に供給不足が懸念されております。このため、完成車メーカー各社はバッテリーの安定的調達を図り、電動化競争での主導権争いを本格化しています。
 本公演では、こうした電動化進展の中で、最も重要となる世界電動車用バッテリーの生産・調達に関する完成車やバッテリー主要各社の取り組み、そして、業界の展望に関して報告致します。このほか、今後の電動車市場におけるバッテリー競争の注目ポイントについても本公演で取り上げて参ります。

セミナープログラム

1.世界的な環境規制の強化と電動化シフトの動き
2.完成車メーカーの電動化とバッテリー調達・JV戦略
3.バッテリーサプライヤーの供給・受注・JV・技術関連
4.新興BEVメーカーとレガシーメーカーのバッテリー争奪戦
5.バッテリーをめぐる今後の動きと展望

セミナー講師

株式会社フォーイン 企画調査部 シニアリサーチャー 李 強福 (い がんぼく) 氏

セミナー受講料

1名につき 33,220円(税込)
同一のお申込フォームよりお申込の場合、2人目以降 27,500円(税込)

受講について

収録時間 1時間40分 テキストデータ(PDFデータ)つき

■セミナーオンデマンドについて
<1>収録動画をVimeoにて配信致します。
<2>動画の配信期間は公開日より2週間ですので、その間にご視聴ください。
   2週間、何度でもご都合の良い時間にご視聴可能です。


関連記事

もっと見る