FTA/FMEA作成とDRBFMの基礎について
演習を交えて分かり易く解説!

~効率的な実施とその使い方 ~

※本セミナーはZOOMを使ったLIVE配信セミナーです。会場での参加はございません。

セミナー講師

New space系企業 Safety & Product Assurance
技術士(経営工学部門、総合技術監理部門)、上級信頼性技術者 小川 文輔 氏

【専門】経営工学、実装技術、信頼性技術

セミナー受講料

55,000円(税込、資料付)
■ セミナー主催者からの会員登録をしていただいた場合、1名で申込の場合49,500円、
  2名同時申込の場合計55,000円(2人目無料:1名あたり27,500円)で受講できます。
  備考欄に「会員登録希望」と希望の案内方法【メールまたは郵送】を記入ください。
(セミナーのお申し込みと同時に会員登録をさせていただきますので、
   今回の受講料から会員価格を適用いたします。)
※ 会員登録とは
  ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
  すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。

受講について

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • 「ミーティング用Zoomクライアント」をダウンロードするか、
    Zoom をダウンロードせず、Web ブラウザから参加するかの2種類がございます。
  • お申込み後、受理のご連絡メールをさせていただきます。
    一部メールが通常セミナー形式(受講券、請求書、会場の地図)になっておりますが
    LIVE配信のみのセミナーです。
  • お申込み後、接続テスト用のURL(https://zoom.us/test)から
    「ミーティングテストに参加」を押していただき動作確認をお願いします。
  • 後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
  • セミナー開催日時の10分前に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までには、お送りいたします。
    ご自宅への送付を希望の方は備考欄にご住所などをご記入ください。
  • ご質問については、オープンにできるご質問をチャットにご記入ください。
    個別相談(他社に知られたくない)のご質問は後日メールにて講師と直接お願いします。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、テキスト資料、講演データの
    権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。

セミナー趣旨

基礎的な理論に加え、経験をベースにした実務の進め方、注意点を、演習などを盛り込んで分かり易く説明します。

受講対象・レベル

初心者から中級者向け。製品設計者、生産技術者、品質管理技術者など。

習得できる知識

・FTA/FMEA作成スキル
・不具合発生時の原因究明スキル
・製品設計に対する弱点の把握とその対処
・DR出席時の効果的なコメント
・技術の深掘り

セミナープログラム

1.技術者必須 Item  
  1-1 ロジカルシンキング
  1-2 仮説・検証・修正
  1-3 信頼性設計技法
  1-4 故障モードの理解
  1-5 技術的な応用
2.FTA (Fault Tree Analysis) 
  2-1 FTAにとって重要なこと
  2-2 FTAの実施
  2-3 FTAの応用事例
3.FMEA (Failure Mode Effect Analysis) 
  3-1 FMEAにとって重要なこと
  3-2 FMEA(設計FMEA、工程FMEA)の実施
  3-3 FMEAの応用事例
4.DRBFM (Design Review Based on Failure Mode)  
  4-1 DRBFMにとって重要なこと(効果的なDRにするためには)
  4-2 DRBFMの運用
  4-3 DRBFMの適用事例

キーワード:故障,未然防止,トラブル,DR,デザインレビュー,研修,講習会