技術・知財・事業戦略を導くパテントマップの具体的な作成と活用方法~他社に先行し、自社が勝ち続けるために~【Live配信】

戦略を導く武器になる!
パテントマップの作成と活用法を解説します

本セミナーは、【Live配信】のみの開催に変更になりました。
※会場開催はございません。

■テーマ推進ステップで知財戦略活動を具体的に進める施策と方法
■パテントマップのメリット・デメリットと対策
■自社が勝つパテントマップの作成と戦略の進め方


・自社が勝つ、勝ち続けるための戦略が見えてくる!
・将来の事業を見据えて鳥瞰し、勝つための開発・事業・技術・知財戦略の策定を
・日頃の研究・開発活動をパテントマップに基づき実践し事業の優位性を築こう
・自社の現状と将来の目標とのギャップを明確にし、それを埋めるための戦略立案とその実行

セミナー講師

大藪知財戦略コンサルティング 知財戦略コンサルタント 大藪 一 氏
※元パナソニック(株)

【専門】
材料化学、知財戦略
【略歴】
パナソニック株式会社にて研究開発及び知的財産権業務に従事。2000年からR&D知的財産権センターで戦略知財担当として知財戦略の策定と推進に10年間従事。
2010年パナソニック退職後、アイ・ピー・ファイン株式会社入社、2017年より取締役専務執行役員兼知財コンサルティング部長、2018年10月2日より現職。
セミナーや大手企業の知財戦略実践コンサルティング業務、パテントマップの作成と活用方法、α発想法の理論と演習、機能ツリーによる新規テーマ・新規企画の探索立案方法、新規事業・新規技術・新規用途の開発等のコンサルティング業務に従事。

セミナー受講料

49,500円( S&T会員受講料46,970円 )
(まだS&T会員未登録の方は、申込みフォームの通信欄に「会員登録情報希望」と記入してください。
詳しい情報を送付します。ご登録いただくと、今回から会員受講料が適用可能です。)
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料
2名で 49,500円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額24,750円)

【1名分無料適用条件】
※2名様ともS&T会員登録が必須です。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
※3名様以上のお申込みの場合、1名あたり定価半額で追加受講できます。
※受講券、請求書は、代表者に郵送いたします。
※請求書および領収証は1名様ごとに発行可能です。
 (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
※他の割引は併用できません。

※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:35,200円 ( S&T会員受講料 33,440円 ) 
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※備考欄に【テレワーク応援キャンペーン】とご記入のうえお申込みください。
※他の割引は併用できません。

受講について

【ライブ配信(Zoom使用)セミナー】

・本セミナーはビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
・お申込み受理のご連絡メールに接続テスト用のURL、ミーティングID​、パスワードが記されております。
 「Zoom」のインストールができるか、接続できるか等をご確認下さい。
・セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
・セミナー資料はお申し込み時のご住所へ開催前日着までを目安に発送させて頂きます。
・開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
・開催日時にリアルタイムで講師へのご質問も可能です。
・タブレットやスマートフォンでも視聴できます。

セミナー趣旨

 知財戦略を立案するには自社・他社の現状を把握し、自社が他社に勝つためのパテントマップを作成しなければなりません。しかし、お客様からパテントマップソフトを購入しパテントマップを作成するのですが「自社が勝つための戦略が見えない」というお話をよくお聞きします。また、せっかく作ったパテントマップは経営者に知財の現状を説明する資料になってしまい、パテントマップから自社の戦略が導き出せず、実際の研究開発の現場でパテントマップが役に立たないことが多くあります。パテントマップは特許情報を基に作成するので、実際は競争相手が1.5年前に出願・更に研究開発や企画立案を考慮すると3~5年遅れた情報でパテントマップを作成し知財戦略を立てるので他社の後追いにならざるを得ません。
 他社に先行する企画や新規テーマを立案するため、パテントや市場・技術情報から発想し将来を見据えた機能ツリーを作成しそれを活用した知財・事業・技術戦略の策定方法について紹介いたします。
 自社が勝つためのパテントマップ作成方法を習得され、将来を見据えた事業を鳥瞰し自社の勝てる知財・事業・技術戦略を策定し、日常の開発活動をパテントマップに基づき実践し自社の事業優位性を築いてくいださい。

受講対象・レベル

本テーマに興味のある企業の

  • 開発プロジェクトリーダ、研究者、技術者
  • 経営者、事業開発責任者、技術担当責任者、技術企画・商品企画担当者
  • 知財部の責任者、知財担当者
  • 特許調査分析担当者
  • その他、本テーマに興味のある方なら、どなたでも受講可能です。

習得できる知識

  • 知的財産権・知財戦略の基礎知識
  • テーマ推進ステップで知財戦略活動を具体的に進める施策と方法
  • 企業における事業ステップと必要な特許調査
  • パテントマップの種類
  • 特許調査とパテントマップの具体的作成事例
  • パテントマップのメリット・デメリットと対策
  • 自社が勝つパテントマップの作成とそれを用いた知財戦略手法の進め方
  • 自社が勝つパテントマップの機能鳥瞰ツリー作成事例
  • 知財戦略推進のポイント

セミナープログラム

1.知的財産権を取り巻く現状
 1.1 技術者は仕事上「特許」どう捉えるべきか
 1.2 プロパテントとは
 1.3 世界経済の動向
 1.4 特許の出願動向

2.知的財産権と知財戦略
 2.1 知的財産権とは
 2.2 知財戦略とは

3.テーマ推進ステップと知財戦略活動
 3.1 研究部門でのテーマ推進ステップ事例
 3.2 特許取得はテーマ次第
 3.3 開発検討ステップでの知財活動
 3.4 開発推進ステップでの知財活動
 3.5 発売準備ステップでの知財活動

4.特許調査の種類 
 4.1 企業における事業ステップと必要な特許調査
 4.2 特許調査の種類と内容一覧
 4.3 技術動向調査
 4.4 先行技術調査
 4.5 テーマの日常特許ウォッチング

5.パテントマップ 
 5.1 技術動向調査とパテントマップ
 5.2 マクロ分析パテントマップ 
 5.3 セミマクロ分析パテントマップ
 5.4 ミクロ分析パテントマップ

6.具体的な特許調査とパテントマップ作成事例(自動車用LEDの技術動向調査)
 6.1 特許動向調査の進め方
 6.2 事前調査(技術内容、技術動向、主な出願人)
 6.3 事前調査による検索式の作成
 6.4 明細書の内容を精査しない動向調査例
 6.5 ニューエントリーキーワードによる解析例
 6.6 出願数の増加(グロスレイト)解析例
 6.7 明細書の内容を精査し分類付与して動向調査

7.パテントマップのメリット・デメリットと対策
 7.1 明細書の内容を精査しない動向調査のメリット・デメリット
 7.2 パテントマップ解析ソフトのメリット・デメリット
 7.3 独自分類に構成キーワードを付与したパテントマップのメリット・デメリット
 7.4 特許情報だけでパテントマップを作成するメリット・デメリット
 7.5 パテントマップ作成時の注意

8.発想手法
 8.1 発想において数はパワー?
 8.2 思考の階層の概念
 8.3 発想の原理
 8.4 よく使われている3大発想技法
 8.5 チェックリスト法
 8.6 ブレーンストーミング法
 8.7 KJ法
 8.8 3大基本発想法まとめ

9.知財戦略手法「U’Method」による機能ツリーの作成事例(自動車用LED)
 9.1 科学的発想法「α発想法」による機能ツリーの作成具体事例
 9.2 構成ツリーと機能ツリーの比較
 9.3 機能ツリーを活用した知財戦略の立案と推進方法

10.自社が勝つ知財戦略活動
 10.1 知財戦略手法「U’Method」概要
 10.2 推進テーマの決定
 10.3 機能鳥瞰マップの作成
 10.4 攻め所を決める
 10.5 能性アイデアの多量発想
 10.6 「U’Method」を用いた勝てる知財戦略
 10.7 「U’Method」によって得られる特許の実力

11.知財戦略実践の具体事例
 11.1 特許の質を向上する知財戦略実践事例
 11.2 パテントマップはテーマアップに必須
 11.3 パテントマップをテーマ推進に定着させる実践例
 11.4 パテントマップの自動メンテナンス事例

12.知財戦略のポイント
 12.1 経営に役立つ知財戦略
 12.2 特許以外の知的財産権の活用
 12.3 グローバルな知財戦略
 12.4 特許の出願フローと費用と棚卸時期

  □質疑応答□


キーワード:
知財戦略、プロパテント、特許調査、パテントマップ、技術動向調査、パテントマップのメリットデメリット、発想手法、チェックリスト法、KJ法、ブレーンストーミング法、α発想法、自社が勝つ知財戦略手法「U’Method」,知財戦略の実践事例、経営に役立つ知財戦略、知財戦略のポイント、テーマ推進ステップと知財戦略