メカトロニクス技術者のための電磁気・電子回路、サーボモータ+ボールネジによるスライド系、制御技術、ロボット技術、IoTによる自動化工場(入門~基礎)

メカトロニクス現場で長年技術を蓄積してきた講師が解説、
メカトロニクス技術を理解するために必要になる
実際の実務技術について解説致します

セミナー講師

(社)日本騒音制御工学会認定技士 (社)日本音響学会技術開発賞受賞 有限会社アイトップ 
 技術コンサルタント 通訳・翻訳 工学博士  小林 英男 先生

 東京電機大学工学部卒業後、リオン㈱に入社し、騒音・振動の測定・分析・対策、および海外事業部でセールスエンジニアとして従事。学生時代にカリフォルニア大学バークレイ校に語学研修、および毎日新聞社後援英語弁論大会で3位入賞。企業からの派遣で東京農工大学大学院工学研究科にて5年間特別研究員(産学協同研究、文部省認定)。
  ㈱アマダに勤務し、工場で組立・製造・検査、海外事業部で技術サービスおよび技術コンサルタント、システム事業部で板金加工自動化ライン(FMS)の開発・設計、技術研究所でアマダ製品の低騒音・低振動化および快適音化などの研究開発に携わり、大ヒット商品を世に送り出した。上記のように、製造、サービス、設計、開発、研究の実務経験を積んだ。その後、技術コンサルタントとして独立して25年が経過した。
 リオン㈱、㈱小野測器、サイバネットシステム㈱等をはじめとして1部上場企業の研究、開発、設計部署を中心に、500社以上の企業に対し技術指導およびコンサルティングを実施。この間に先進国を中心に30ヶ国以上に出張し、エンジニアとして英語で仕事をするだけでなく、通訳・翻訳なども行う。
 技術セミナーの講師歴は25年間。日刊工業新聞社など主催の多くのセミナーの講師を
行ってきている。

セミナー受講料

¥49,500/人になります(テキスト代、消費税含む)
1社から2名様以上同時お申し込みの場合は、割引させて頂き2名様目から¥44,000になります。(税・テキスト含む、昼食代は含みません)

セミナー趣旨

 メカトロニクス技術はますますその技術レベルを高め、今まで以上に世界中のいろいろなところで活用され我々の役に立っています。例えば、AI技術が実用化されつつありますが、AIロボットなどはロボット無には語ることが出来ません。今後の社会においても、メカトロニクス技術は欠かすことのできない必須の技術です。
 本セミナーでは、このような時代の新たな要請に応じて変貌しつつあるメカトロニクス技術について、必要な技術を技術分野にこだわらず横断的に解説するセミナーです。メカトロニクス技術に必要ないろいろな分野の技術を忙しい受講者のために1日でわかるように解説致します。

受講対象・レベル

・電磁気を勉強されたいかた
・電子回路の基本を勉強されたいかた
・モータの技術、使いこなしについて勉強されたいかた
・ボールネジ、直動ガイドによるスライド系について勉強されたいかた
・制御技術の全体像について知りたいかた
・PID制御技術とPID制御装置の設計のしかたを知りたいかた
・ロボット技術のポイントを勉強したいかた
・IoTによる自動化工場について勉強したいかた 

必要な予備知識

業務でメカトロニクス関係に携わっているかたならどなたでも参加できます。

習得できる知識

・電磁気の本質が理解できます
・電子回路の基本が理解できます
・モータの技術、使いこなしが理解できます
・ボールネジ、直動ガイドによるスライド系の設計の基礎が理解できます
・制御技術の全体像について理解できます
・PID制御技術とPID制御装置の設計のしかたを習得できます
・ロボット技術のポイントを理解できます
・IoTによる自動化工場について理解することができます 

セミナープログラム

1.わかる電磁気 
 1-1 直流と交流における抵抗、コンデンサ、コイルのふるまいの違い
 1-2 コンデンサの容量リアクタンス、コイルの誘導リアクタンスとは?
 1-3 位相と虚数単位
 1-4 インピーダンスとは?
 1-5 インピーダンスの計算例題
 1-6 トランスによる変圧の計算例題

2.電子回路 
 2-1 トランンジスタによる増幅回路
 2-2 オペアンプによる増幅回路
 2-3 オペアンプによるコンパレータ
 2-4 ヘッドアンプの設計をしてみよう。
 2-5 設計したヘンドアンプを回路シミュレータであるLTSpiceでシミュレーションしてみよう!

3.モータ 
 3-1 三相誘導電動機(インダクションモータ)
 3-2 ブラシレスDCモータ
 3-3 ACサーボモータ

4.モータ+ボールネジ+直動ガイドによるスライド系 
 4-1 オープン制御、セミクローズド制御、クローズド制御
 4-2 位置決めにおける分解能の計算のしかた
 4-3 スライド系設計のための基礎

5.制御技術 
 5-1 制御技術の歴史と全体像
 5-2 PID制御
 5-3 MatlabでPID制御装置(コントローラ)を設計してみよう

6.ロボット技術 
 6-1 自由度と座標系
 6-2 順運動学と逆運動学
 6-3 関節座標系の位置制御
 6-4 速度制御
 6-5 力制御と作業座標系 PD 制御
 6-6 解析力学の基礎
 6-7 ロボットの動力学

7.IoTによる自動化工場
 7-1 Iotによる自動化工場とは
 7-2 IoTによる自動化工場の例:NECの場合

8.質疑応答