グローバルサプライチェーン(その2)4PL的な位置づけを狙う

SKE

 3PLが物流を丸ごと請け負うと同時に物流改革を推進するという位置づけに対し、4PLは、物流戦略立案から物流管理、物流オペレーションのコントロールなどを請け負う会社です。この会社が生産や販売の管理までできるようになれば、初めてサプライチェーンのマネジメントができたことになります。4PL的な位置づけを狙うことができればこのグローバル化の時代、そして競争がタフな時代にあっても十分生き残ることができるでしょう。

1. 在庫のコントロール

 グローバルサプライチェーンでのキーワードに在庫があります。そこでまず在庫についてしっかりとコントロールできるようにしておく必要があります。在庫のコントロールというと物流的発想では預かった荷物を品質を保ちながら保管すること、というイメージになりがちですがこれでは不足しています。

 在庫は数量がきっちりと管理されていることが重要です。この在庫の数量はある行為の結果に過ぎないということは皆さんお分かりかと思います。その行為とは発注、生産、出荷ということになります。これらが在庫を一定に保つためのキー行為となっているわけです。そこでこの発注、生産、出荷の各行為のロジックがわかっていないと在庫を適正化することは困難だと言えるでしょう。

 

セミナー「医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナー」

10:30 ~ 16:30 

東京・港区浜松町 ビジョンセンター浜松町5F Fルーム

55,000円

2. 発注、生産、出荷のロジック

 発注、生産、出荷の各行為のロジックは単なる保管行為だけを行っていては身に付きません。まずは机上でも良いのでしっかりと学ぶ姿勢が大切でしょう。物流マン向けの資格にロジスティクス管理がありますが、この中ではこれらについてほとんど触れられていませんので、別の講座で勉強する必要があります。

 一方で中小企業診断士試験向けの勉強ではこれらについて浅くではありますが包含されているので、テキストを見て勉強するのも一つの方法です。サプライチェーンマネジメントを4PLとして取り組む会社は物流会社やメーカーに限らず商社でもやろうと考えるところもあるかもしれません。商社の場合は売りと買いの部分は得意中の得意ですので、比較的取り組みやすいかもしれません。

 次回に続きます。


この記事の著者

仙石 恵一

物流改革請負人の仙石惠一です。日本屈指の自動車サプライチェーン構築に長年に亘って携わって参きました。サプライチェーン効率化、物流管理技術導入、生産・物流人材育成ならばお任せ下さい!

物流改革請負人の仙石惠一です。日本屈指の自動車サプライチェーン構築に長年に亘って携わって参きました。サプライチェーン効率化、物流管理技術導入、生産・物流人...

無料会員登録でさらにあなたに特化した情報を手に入れましょう。

①「」の関連記事が掲載されたらメールでお知らせ

②専門家「仙石 恵一」先生に記事内容について直接質問が可能

③他にも数々の特典があります。