ホーム > 技法解説 > プロジェクトマネジメント > PERT/CPM

PERT/CPM とは

PERT(Program Evaluation and Review Technique)は、プロジェクトの計画に際して、作業と作業を矢印で結ぶことで、それらの関係性を明確に示します。 さらに各作業の所要時間を記入することで、経路ごとの所要時間や最短時間また最も長くなる経路すなわちボトルネックとなる経路を見つけることが可能となり、この経路をクリティカルパスと呼び、それを見つける方法がCPM(Critical Path Method)です。 スケジュール表のタスクをバー状に表現するガントチャートに似ていますが、タスク数が増えてしかも相互の関係性が複雑になると管理が難しくなるため、PERTの価


PERT/CPMの解説記事一覧

PERT/CPMの活用事例一覧

ガントチャートの例(F企業の太陽光発電設置プロジェクト) (2012-03-21)


PERT/CPMの専門家

氏名 会社名
石橋 良造 株式会社 RDPi 組織のしくみと個人の意識を同時に改革・改善するこ…
中野 昇 中野技術士事務所 自動車分野の最先端技術である運転支援・自動運転シ…
酒井 昌昭 株式会社ロゴ ドライなPM(プロジェクトマネジメント)ではなく…

PERT/CPMで解決できる課題

9件中 19件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
1 設計・開発 目標レベルの高い技術を実現したい
1 設計・開発 設計条件の最適化を効率化したい
1 設計・開発 開発期間を短縮したい
1 設計・開発 開発日程の停滞、後戻りを防止したい
1 設計・開発 開発の進捗管理をしっかりしたい
1 設計・開発 ソフトウェア開発を効率化したい
1 生産 在庫を削減したい(部材、中間、製品)
1 生産 生産リードタイムを短縮したい
1 生産 多品種少量生産に効率よく対応したい






オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
≫広告掲載をご希望の方はこちら