ホーム > 技法解説 > QC7つ道具 > グラフ

グラフ とは

グラフとは、設計を進めたり不良を分析する時に、定性的なデータだけでなく、定量データで客観的に評価するために使われる道具です。 そのために、円グラフ、棒グラフ、折れ線グラフ、レーダーチャートなどが、目的に合わせて使用されます。 戦後の近代工業黎明期には、データを集めるのも大変、計算してグラフにまとめるのも一苦労でしたが、今やデータはオンラインで収集し、表計算ソフト上でワンクリックでグラフが描ける時代です。 それだけに基本的なグラフの見方を習う機会が減り、解析能力は上がっていないようにも思います。


グラフの解説記事一覧

解説記事はまだありません。

グラフの活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


グラフの専門家

氏名 会社名
大串 隆史 三現主義経営事務所 成功のカギは「現地・現物・現実」です!三つの「現…

グラフで解決できる課題

7件中 17件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 生産 不良原因を特定し、的確に対策したい
1 企画 顧客要求に応える製品を明確にしたい
1 設計・開発 採取済みのデータから有意な要因を判別したい
1 生産 開発した技術特性を安定化したい
1 生産 突発品質不良を早く解決したい
1 生産 慢性品質不良を解決したい
1 市場品質 市場クレームへの対応を迅速にしたい






月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
≫広告掲載をご希望の方はこちら