「グラフ」とは

グラフとは、設計を進めたり不良を分析する時に、定性的なデータだけでなく、定量データで客観的に評価するために使われる道具です。 そのために、円グラフ、棒グラフ、折れ線グラフ、レーダーチャートなどが、目的に合わせて使用されます。 戦後の近代工業黎明期には、データを集めるのも大変、計算してグラフにまとめるのも一苦労でしたが、今やデータはオンラインで収集し、表計算ソフト上でワンクリックでグラフが描ける時代です。 それだけに基本的なグラフの見方を習う機会が減り、解析能力は上がっていないようにも思います。