ホーム > 技法解説 > 生産マネジメント > SLP

SLP とは

SLP(Systematic Layout Planning)とは、米国のリチャード・ミューサーが提唱した体系的な工場レイアウトの手順であり、製品の種類と量、工程毎の必要スペースと相互の関係性などをインプットにして、一連の手順で工場レイアウトを検討します。 設備や工具、材料のレイアウトは、工場の生産性を考える時に極めて重要であり、基本的にはトータルの搬送距離が最短になるように計画します。 一旦レイアウトの最適化が成功しても、生産品目や設備が更新されることにより条件が変化しますから、定期的な見直しが必要です。




SLPの解説記事一覧

SLPの活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


SLPの専門家

氏名 会社名
秋山 高広 A-MEC株式会社 究極のムダゼロ生産を目指して!JIT生産/セル生…
細木 和茂 株式会社BBF(Business Brain For U) SCM時代は、私のモットー「ギリギリまでつくらな…

SLPで解決できる課題

5件中 15件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
1 生産 生産原価を低減したい
1 生産 生産スループット、生産量を上げたい
1 生産 設備可働率を上げたい
1 生産 在庫を削減したい(部材、中間、製品)
1 生産 多品種少量生産に効率よく対応したい






MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
≫広告掲載をご希望の方はこちら